レンタルの危険

犯罪にレンタカーが使用される話を聞く機会が度々あるが「個人の所有」でない「他人名義」というモノは数々「悪意に利用」されやすい傾向があるといえるだろう。

悪事を考えた場合に「本人が契約」しては直ぐに見つかることから「レンタル」利用し追求を逃れる手段として利用する。詐欺などの犯罪に「私書箱」や「レンタルオフィース」「レンタル倉庫」などが使用される傾向がある。他人名義という逃げ口を巧に利用し悪事をするのである。

探偵が御依頼を承る調査において悪意を追求する「信用調査」や「内偵」による現地調査で上記のような「信用度に欠ける」場所や手段などが明白になる。

「どうも信用できない」新規取引先の言動や「詐欺?」と思い疑う場面で「事実確認」が必要なケースにおいて、充分な判断材料となる調査が実施できる。御依頼内容によって「内偵調査の難易度」は異なるが「悪意のビジネス」や「悪意の金品搾取」を防ぐ手段として「内偵により情報を得る」行為は現代社会においては一般的と考えるべきだろう。

特に高額な取引が日常的な業種やビックビジネスに関わる責任ある立場の方々には需要が高い調査である。

情報社会の裏側に潜む「人材の流失」に関わる業務なども「企業の損失」という考え方が常識となってきている。優秀な人材を「ライバル企業」に引き抜かれ多大な損出を受けるケースは今日では日常的におこっている。

ヘッドハンティングにより正規の手段で「人材を獲得」する手法ならば良いが「弱みを見つけ出し」交換条件にヘッドハンティングなども現実に起こっているのである。犯罪ギリギリのグレーゾーンとも言うべき手法を用いた悪意の手法による業務といえる。

話戻ってレンタルの悪意についてもう一つ。

最近の探偵はGPSをレンタルしている。その契約内容のいい加減さから「GPSをレンタルで悪用」を考える人物が少なくない。最近、世間を騒がせたストーカー事件でも犯人が被害者女性の車輌にGPSを装着していた事実が発覚している。

一般の方でも簡単な操作手順を理解すれば機能させられる。今回の事件では使用方法が問題だが自然保護や絶滅種保護のため生態観測などでは素晴らしい成果を発揮するシステムといえる。やはり問題は「使用方法」なのだと理解できることだろう。

レンタルでGPSを利用する場合に「充分な身分の証明」が行われていない現状がある。レンタルを行う探偵が契約時点で使用目的や違法性が無いか充分に確認した上で「身分証明書の提示を義務化」し貸し出す事が望ましいと著者は考えている。

 

感情変化とコントロール

人間の行動は感情が素にある。感情があるから行動し変化が訪れる。

恋愛中に「後悔を残す発言や失態」なども感情が抑えられない状況から発生していると言える。感情を理想的にコントロールできれば「男女問題の多く」は無くなり探偵も転職を考えなければならなくなる事だろう。

相手の感情を思いやる事が出来なければ「低次元な感情」に支配されているといえ「感情が発端になり起こす行動も・・・」恥ずかしい事の連続と言える。

浮気に代表される行動の裏側にはどのような感情があるのか?不思議に考える人は少なくないだろう。

探偵が思う「浮気を実行する」人物の感情を幾つかお話ししてみたい。

一般的に男女交際の始まりは「世界中でこの人が一番」と考えて交際している人物が世間の100%ではない事が前提である。おのずと「交際相手より魅力がある異性」が身近に現れた場合には成立しないといえる。

このケースに当てはまる浮気の感情は「スゴイ素敵だな!うちの奥さんとは大違い」や「この人と付き合いたいな!あっ彼氏どうしよう?」などが正直な感情であろう。この感情が芽生えた時点で「浮気に進行する行動」をとってしまう可能性は極めて高いだろう。

しかし、交際相手を気遣う感情がある人物ならば「外見は素敵けど奥さん以上に性格良い人物?」と疑い一歩引く立ち位置からの目線で物事を判断でき「感情のコントロール」が多少なりきく「自制心」を持ち合わせている。

このように恋愛や浮気に関する感情変化には「コントロールがきく人物であるか?」が大きく影響している。子供のように無邪気な感情のまま大人になり「好きなものを全て与える」ような生活環境は「感情コントロールに悪影響が出る可能性があり危険な感情を持ち合わせ「コントロールが効かない」危険な大人になるやもしれない。

調査が必要か?の判断

御依頼者の多くは「調査が必要かどうか?」迷い相談に足を運ばれる。当社としては「相談時点での生活環境や夫婦関係」の他に今後、相談者がのぞむ生活等を総合的に判断して「調査が必要であるか判断」させていただく。

あくまで探偵が提案する言葉は「考えられる今後の展開を視野に」アドバイスを行っているだけであり「必ず予想通りの展開」に発展するものではない。はっきり言って探偵のアドバイスは「想定」なのである。

間違いなく今後の展開が「探偵の想定内」に運ぶことなど無いと断言できる。

想定外の展開が現実に起こり相談者にとって「悪い循環」に陥ることもある。探偵は想定外が起こりうることも「相談時点で考えの中にあったならば」相談者に注意を促した上で「調査を提案」するべきである。

探偵に都合の良い話ばかり提案する行為は「相談者にとってアンフェアー」であると言え相談者が調査を実施しなければと強く考える原動力になりかねない。

良識ある探偵の相談は「相談者が調査を実施した際に生じるリスク」も事前に説明できるのである。

依頼人の話を理解する

探偵は依頼人が「何を求めて調査を実施」したいのか?理解が必要な職業である。探偵の理解が低く調査が実施されたならば「依頼人の期待を裏切る調査」となってしまい「満足な調査報告」を得られない。このような探偵は相談時点で「依頼人を理解出来ていない」場合が殆どであり、依頼人が求める調査以上に「探偵の欲求」が調査に反映してしまっている。簡単にいって「探偵が利益優先な調査」を勧めて実施したということなのである。

依頼人の欲している情報に沿った調査プランや調査手法が「本当に選択」されているか?殆どの依頼人は探偵を頼り依存して「後悔を招く」結果を迎える。

悪意がある探偵のお話をしたが「このような営業を行う探偵は多い」と言える。

事実、消費者センターによせられる苦情の多くが「調査に見あわない費用」という話が現実に問題定義されている。探偵がまとまった調査を実施すれば「冠婚葬祭並の費用負担が常識」といえる。

結婚式を挙げられる程の金額を支払う調査の内容が薄っぺらでは「依頼人が納得できない」感情が生まれ問題となるのは当然だろう。

このようなトラブルは相談時点で「探偵に理解や方向性」で決定されがちなので充分な注意のもとに問い合わせや相談を行ってほしい。

無責任な発言

探偵は相談者や依頼者に対して「無責任な発言」を決して言ってはいけない職業である。結果的に「調査を実施しなければ・・・・」という気持ちが依頼者の中に存在してしまったならば「探偵に責」があると言える。

多くの探偵や興信所は依頼人に「調査を勧める」発言をする。

相談者や依頼者が置かれた立場を逆手にとって「これ以上悪化したならば・・・」などの言葉は禁句である。

仕事である以上「依頼を欲する感情」から上記の発言が出やすいことは言うまでもなく「依頼人の不安感を煽る」とも第三者からは判断できる場合も少なくない。もし、探偵が相談者や依頼人の相談内容を理解していない上にこのような発言があった場合は極めて悪質な探偵の言葉として認識して欲しい。

探偵は多くの経験から「今後の方向性」がおおよそ見当がついている事も事実ではあるが、「将来を予見など絶対に出来ない存在」であり依頼を誘導している言葉があったならば「その探偵との相談は無意味」であり「今後を断言する」など探偵として無責任であってはならない発言といえるのである。