チャレンジ精神

 チャレンジ精神がある探偵は向上心も旺盛であると言える。

従来の仕事よりも「より円滑」で「より確実」な新しい手法などに興味を抱きチャレンジする。結果、失敗に終わったとしても「経験が残り」後々生きる場面も存在し「個人の財産」となる。探偵イコール現代に従事した手法を求められる業種であり、世の中への「アンテナ」をいつも張り巡らせていなければならない。

一つの物事を追求する「研究者」とは違い「広く程々の知識」が要求される。

「調査方法」や「調査方針」も時代に沿ったチョイスが出来なければ「生き残って」ゆくことは困難だろう。古き良き手法を切り捨てるのでは無く、プラスアルファーな視点でより良い業務ができる探偵は世間からのニーズも自ずと高くなる。

時代に乗り切れない手法や調査は「時代にあった調査報告」ともほど遠く、チャレンジ精神が無くなってしまっては新しい時代を生き抜く事はかなわないと考える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)