感情変化とコントロール

人間の行動は感情が素にある。感情があるから行動し変化が訪れる。

恋愛中に「後悔を残す発言や失態」なども感情が抑えられない状況から発生していると言える。感情を理想的にコントロールできれば「男女問題の多く」は無くなり探偵も転職を考えなければならなくなる事だろう。

相手の感情を思いやる事が出来なければ「低次元な感情」に支配されているといえ「感情が発端になり起こす行動も・・・」恥ずかしい事の連続と言える。

浮気に代表される行動の裏側にはどのような感情があるのか?不思議に考える人は少なくないだろう。

探偵が思う「浮気を実行する」人物の感情を幾つかお話ししてみたい。

一般的に男女交際の始まりは「世界中でこの人が一番」と考えて交際している人物が世間の100%ではない事が前提である。おのずと「交際相手より魅力がある異性」が身近に現れた場合には成立しないといえる。

このケースに当てはまる浮気の感情は「スゴイ素敵だな!うちの奥さんとは大違い」や「この人と付き合いたいな!あっ彼氏どうしよう?」などが正直な感情であろう。この感情が芽生えた時点で「浮気に進行する行動」をとってしまう可能性は極めて高いだろう。

しかし、交際相手を気遣う感情がある人物ならば「外見は素敵けど奥さん以上に性格良い人物?」と疑い一歩引く立ち位置からの目線で物事を判断でき「感情のコントロール」が多少なりきく「自制心」を持ち合わせている。

このように恋愛や浮気に関する感情変化には「コントロールがきく人物であるか?」が大きく影響している。子供のように無邪気な感情のまま大人になり「好きなものを全て与える」ような生活環境は「感情コントロールに悪影響が出る可能性があり危険な感情を持ち合わせ「コントロールが効かない」危険な大人になるやもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)