浮気調査を行う前に・・・

探偵に浮気調査を依頼しようとお考えの方にお伝えしたい話。浮気調査を託す探偵選びが終わり「問い合わせ・相談・調査委任契約」が完了した段階で忘れてはいけない重要ポイントがある。

調査実施するにあたり「探偵の判断で調査の継続・終了」を行わせない取り決めが必要で重要となる。調査現場の状況から「今日の行動では結果が出にくい」と判断できる場面であっても「探偵は利益優先で調査継続」をする。結果、依頼人の欲する行動はとれず「無駄な調査時間が増加」し「調査費用がかさむ」ことがおこる。

一日の調査の流れの中で「探偵は状況の変化に伴う中間報告」を依頼人に行い「依頼人主導の判断をあおぐ」ことが素行調査や浮気調査の現場では望ましい。

もし、探偵主導の長時間に及ぶ調査を実施し「空振り調査の結果は想定できた」ならば探偵の利益主導による判断で調査が行われたこととなる。

このような調査を行う探偵との契約は即時撤回し、良心的な探偵を探し「再調査を実施」する事が最良の判断といえる。

疑わしい行動

怪しい行動をとる人物は仕事でもプライベートでも周囲の人物から疑われる。当然、周囲に「何で?」との考えを抱かせる行動をとってしまった結果である。仕事上のルール違反や不正を犯す人物は普段から「おや?この人感覚が常識外れ・・・」などの場面に出くわす。世間ではこのような人物が「要注意」であり、普段から注視する必要性をもたれる。

探偵のなかにもこのような「疑わしさ・怪しさ」をもった人物は存在している。

探偵業を長く続ければ「怪しい探偵に依頼」してしまった依頼人からの「再調査」を引き受ける機会が少なくない。

雰囲気だけが怪しいならば「探偵の容姿」に問題点があるのだと想像がつくが、「行った調査に疑問」が残っては話が違ってくる。報酬にみあった調査であったのか?きちんと同じ状況が実際の調査で起こるのか検証しなくてはならない。

調査能力が低く探偵に憧れて起業した「結果を出せない探偵」に多い怪しい調査は「再調査」により事実確認が行え「もっと情報が得られるか?」の判断も下せるメリットがある。もし、過去に行った調査に納得がいかない場合は気軽に相談し問い合わせていただきたい。

探偵に必要な調査力

世間に存在する探偵や調査人たちが必要になる調査力は身につくモノと学び取るモノの2種類が存在する。

依頼人からの様々な調査依頼に対応するため「探偵の調査力」は上限なく優れているにこしたことはない。難解な案件や少ない情報源からの調査を想定していただければ求められる力は「個人レベル」では追いつかないといえる。

個人で行える調査の限界を遙かに超えた組織力や連携がなければ完遂しない調査案件は数多く存在する。

探偵に要求される調査力が高い調査案件は「己を知る探偵」でなければ対峙してはいけない。世間に存在する全ての調査を完遂できる探偵など存在しないからである。

自己の技量や調査力を認識し誠実に「可能な調査であるか?」依頼人や相談者に詳細を告げる判断も「優秀で誠実な探偵の対応」である。

依頼人とのトラブルを回避し探偵業界の健全化を考えた場合には「全ての調査業者に必要」とされる判断であると進言したい。

探偵社の依頼内容の詳細について

探偵という言葉は、よくテレビドラマのなかで聞く印象がありますが

実際、この探偵社を利用して、仕事を依頼する方が増えてきています。

 

このよく耳にする「探偵」の仕事内容は、どのようなものがあるのか

調べてみました。

 

「浮気調査」「素行調査」「結婚前の調査」「身元調査」「家出人調査」

「所在調査」「人探し」などが、おもに挙げられます。

 

 

また中には、

「盗聴器探し」や「DNA鑑定」などの特殊な調査をおこなっている

ところがあります。

 

 

大きく分けると、

一般人の調査依頼と企業の調査依頼があります。

それぞれ依頼内容は、大きく異なるのが特徴です。

 

 

一般人のかたで、依頼される内容で占めるのは、

「浮気調査」といわれています。

 

依頼主本人では、顔をターゲットに知られている事や

精神的にもダメージを受けやすいことがあり、探偵社を利用するいうかたが

増えているのです。

 

 

企業の調査依頼の内容は、

 

取引先の調査、雇用前の調査、資産調査などが挙げられます。

 

探偵社のなかには、女性専用相談窓口を設置しているところや

スタッフは、女性のみというところがあるので、

特に、女性のかたは、安心して相談したり、依頼しやすい環境だと

いえるでしょう。

 

依頼内容によって、それぞれ得意としている分野があるので、

よく検討されてから、依頼されることをオススメしたいです。