探偵が必要な場面

探偵が必要になるケースとはどのようなシュチュエーションか考えてみた。

・親族が家出して音信不通になり「命の危険」を悟った場合には早急な手段として「警察に捜索願」を出した上で探偵に所在調査依頼。

・仕事上で軽率な判断により悪意の業者に騙され負債をかかえてしまい「トラブル相手の実態や悪行の証拠」を調査する。

・結婚を決意した相手の人柄がイマイチ信用できないので結婚調査。

・交際相手の異性交遊が気になり実態をしるべく素行調査。

・新居購入を考えているが「購入先にモンスターご近所さんが存在」していないか?事前に聞き込み調査を行う。

・ご自分の勤務先内の派閥に関わる素行調査。

・ご自分が経営する会社の従業員に関する調査。

・ヘッドハンティングしたい人物の事前調査。

・取引先に多額の債券があるが逃げられてしまい主要人物の所在調査を依頼。

・新規取引先の実態を調査し取引先としてふさわしい会社か判断材料が欲しい。

・既婚者の浮気調査。

以上が探偵により調査を実施するケースとなるシュチュエーションであり、最も探偵の調査が必要となる場面である。

依頼人のため

探偵は依頼人の為に調査を行う業種である。

クライアントの意向をくみ取り「的確な調査方法を提案」し「調査に必要な予算を概算」を提示する。

そこで現実的だと判断されたならばクライアントと調査委任契約を結び調査に着手する運びとなる。

当然ながら事前に「調査に関わるリスク説明」がなされなければならない。

探偵と調査契約を結ぶ段階でこの「リスク説明」が不十分な探偵業者は悪質な場合が多い。

いざ調査に着手して「充分な調査結果が得られない」ケースを想像していただきたい。

探偵がこの状況を想定しリスク説明をきちんと行った上で契約を結んでいればトラブルに発展しないだろうが、殆どの探偵は「依頼欲しさ」からリスク説明を怠る傾向にある。

依頼人のために行う調査であるにもかかわらず「満足な調査」とはならない。

通常、調査を依頼する機会は頻繁にやってこないだろう。頻度や利用率から考慮しても「探偵が調査のリスク」を説明しない状況は悪質といえる。

納得のゆく説明や相談を行えない探偵との契約は見送る事が望ましいといえるだろう。

正直者が・・・・

世間的な解釈のひとつに「正直者がバカをみる」とい考え方が存在する。

詐欺や悪意の餌食となってしまう「お人好し」をこのような考え方で表現する現状を個人的には好ましくおもっていない。

探偵が御依頼を受ける案件の多くは「悪意を確認する調査」である。

御依頼人の利益を害する行為があるか確認したり、御依頼人を騙す事実があるか確認したりの連続である。

法の網をかいくぐり「悪意を得意」とする人物を追求する情報をご依頼人に提供し「リスク回避」を行うことが現代社会では常識となっている。

婚約者や恋人が悪意に満ちた人物であるか?

などの相談や調査もポピュラーな調査案件となっている。

あなたが全面的に信頼する人物に疑念が生じた場合には探偵が行う各種リスク回避調査は心強く存在し「自己防衛の意味」も含め、より良い生活に役立つ調査であるといえる。

不倫問題に終止符

 この夏場にてがけていた不倫調査の依頼人から問題解決に一区切りが付いたとの一報が午前中にはいった。スタッフ一同は「ほっとし」緊張感から解放され、同時に御依頼者のこれからにエールを送る気持ちである。複数回の証拠取得に始まり不倫相手に関する身元調査を終了し御依頼人と当事者の話し合いがなされ「双方の主張が合意」して初めて現在の状況を迎える事となる。

短いようで長い今年の夏もまだ半分以上残っており「継続中の案件」も同様に御依頼者の将来に有意義な結果をもたらしたいと考える台風11号が通過した風の強い夏の午後である。

依頼人の力になる

 興信所の業務は依頼人の利益を守るだけではありません。

人の一生に関わるターニングポイントでの「お金に換えられない気持ち」が業務に大きく関わっています。「依頼人の心情」が我々調査現場の人間達の活力源になっているのです。

大切な人を探し出す「所在調査」、家庭を守りたい一心で「浮気調査」、子供の成長を影ながら見守る「素行調査」、全ての調査に依頼人の心情が強くあらわれます。

 

 思いやりから発生する「心配事」や「不安」を取り除き、ごく普通の日常を依頼人に提供できる数少ない仕事で、探偵や興信所の調査人達の「やりがい」でもあるといえます。