家出人

 夏休み、冬休み・春休みを前後して「家出人」の所在調査が増える傾向にある。学生に限らず社会人にも休暇を前後して音信不通の家出人を捜索する依頼が舞い込む。

原因は「心境の変化」や「取り巻く環境の影響」と多岐にわたる。

家出人の捜索に肝心な対処は「早急な対処」につきる。全く原因が思いつかない場合は「事件性」を疑い警察への捜索願いがベストな処置と思う。

しかし、身内とのいざこざや恋愛がらみの失踪は初期動作で判明率が大きく異なる。

家出人の心理として「知り合いに世話になる」ケースが最も多い事も理由として大きい。

「家を出る」決心をして家出をする訳なので長期の外泊が必至なのですから。

早急な対処で「思い当たる」友人・知人・異性を捜索しておけば「もしも」の事態対処にたどり着く時間も軽減出来るのです。