調査が必要か?の判断

御依頼者の多くは「調査が必要かどうか?」迷い相談に足を運ばれる。当社としては「相談時点での生活環境や夫婦関係」の他に今後、相談者がのぞむ生活等を総合的に判断して「調査が必要であるか判断」させていただく。

あくまで探偵が提案する言葉は「考えられる今後の展開を視野に」アドバイスを行っているだけであり「必ず予想通りの展開」に発展するものではない。はっきり言って探偵のアドバイスは「想定」なのである。

間違いなく今後の展開が「探偵の想定内」に運ぶことなど無いと断言できる。

想定外の展開が現実に起こり相談者にとって「悪い循環」に陥ることもある。探偵は想定外が起こりうることも「相談時点で考えの中にあったならば」相談者に注意を促した上で「調査を提案」するべきである。

探偵に都合の良い話ばかり提案する行為は「相談者にとってアンフェアー」であると言え相談者が調査を実施しなければと強く考える原動力になりかねない。

良識ある探偵の相談は「相談者が調査を実施した際に生じるリスク」も事前に説明できるのである。

依頼人の話を理解する

探偵は依頼人が「何を求めて調査を実施」したいのか?理解が必要な職業である。探偵の理解が低く調査が実施されたならば「依頼人の期待を裏切る調査」となってしまい「満足な調査報告」を得られない。このような探偵は相談時点で「依頼人を理解出来ていない」場合が殆どであり、依頼人が求める調査以上に「探偵の欲求」が調査に反映してしまっている。簡単にいって「探偵が利益優先な調査」を勧めて実施したということなのである。

依頼人の欲している情報に沿った調査プランや調査手法が「本当に選択」されているか?殆どの依頼人は探偵を頼り依存して「後悔を招く」結果を迎える。

悪意がある探偵のお話をしたが「このような営業を行う探偵は多い」と言える。

事実、消費者センターによせられる苦情の多くが「調査に見あわない費用」という話が現実に問題定義されている。探偵がまとまった調査を実施すれば「冠婚葬祭並の費用負担が常識」といえる。

結婚式を挙げられる程の金額を支払う調査の内容が薄っぺらでは「依頼人が納得できない」感情が生まれ問題となるのは当然だろう。

このようなトラブルは相談時点で「探偵に理解や方向性」で決定されがちなので充分な注意のもとに問い合わせや相談を行ってほしい。

信用できるか?できないか?

探偵選びで頭を悩ませている方は少なくない。

事実、ネット上には膨大な探偵業者に関する情報があり「選ぶ基準」を明確に持っていなければ選別できないだろう。

探偵に問い合わせの電話やメールでやり取りを行い、親切丁寧な対応がかえってきたならば「面談し調査委任契約」となり調査案件を探偵が実施する運びとなる。

探偵事務所に足を運び探偵と面談し「目前の探偵が信用できる人物であるか?」瞬時に判断出来る方は少ない。

その探偵事務所がきちんと運営されているか?業歴は長く経験豊富な探偵であるか?契約内容は理解しやすく安信価格で調査が実施できるか?最低限必要とされる探偵選びの選定基準をクリアーしている業者でなければ「依頼を任せる」ことはできない。

信用できるか?信用できないか?基準をもって探偵を選んでいただきたい。

世間知らず

 世間の常識を知らないという事は「探偵にあらず」ということになる。

現実社会の様々な認識が探偵の中に蓄積されていれば「頼りになる探偵」となるわけだが「世間知らずな探偵」に相談してしまったならば殆ど「的外れな憶測」や「勝手な思いこみ」が基準になり調査を実施するハメになる。

結果的にも「調査の空振り」が多く「調査費用の負担増」となり依頼人の精神的負担を増やす「悩みの種が増える」となるのである。

実際、このような古い常識で仕事を判断し古い基準で調査を進行する探偵は多く存在するため「相談の時点で専門的な話」を出してインチキ臭さを試すことも一つの探偵選びかと考える。

それにしても「しったかぶり」と「あきらかにいい加減な基準」は探偵というよりもペテンといった感が強く話を聞く立場の人間に不快感しか与えない。こまったものである。

依頼して安心な探偵

 調査を依頼したいが「依頼して安心な」業者に巡り会う可能性はかなり限定されるといえる。皆さんが良心的で誠実な探偵を希望される事は当然であり、抱えている問題解決を早期に低料金で行いたいはずである。

調査を依頼する過程で「安心な探偵」を見極めて選ぶ判断基準があれば営利目的や粗末な調査を行う探偵を除外して「依頼」を行う事が可能である。

一つの疑問が浮かぶ。頼んで安心な探偵の判断基準があるか?

探偵目線で判断基準をご提案させていただくと一般的な調査依頼の流れから「問い合わせ」の段階が最重要である。希望する調査内容を的確に把握し必要な調査期間や必要な費用を概算で提示できる探偵は当たり前である。ここで、もう一点探偵に質問していただきたい「想定されるリスクの有無」があるか?である。

この質問に誠実に回答し「想定されるリスク」が説明出来る探偵は「経験値が高く信頼度が高い」と言える。安価で行えない調査において「リスク説明」が明確に行えるか?行えないか?で信頼度や誠実度はある程度路程すると言える。