新宿での浮気調査

 浮気調査を実施し新宿で飲食しホテルを利用するケースは多い。

新宿はショッピングして良し・飲食して良し・「娯楽や買い物」を楽しむ街として年齢性別を問わず多くの方に認知されている。

待ち合わせや交通事情の便も良く、探偵が調査対象者を尾行し訪れる街でトップ10には入っている。

地方から同窓会などで新宿を訪れ「昔の恋人と再会し・・・」などのケースも過去には存在している。人の数だけ恋愛事情はあり、様々な情事が起こりうる街が新宿と言える。

新宿は複雑で調査困難なビルが数多く存在し「探偵の腕」が試される街。

御依頼をお考えの方には「新宿の探偵」がおすすめと言える。

 

新宿の探偵

 当探偵事務所は業歴30年以上の経験豊富な新宿の探偵です。

過去の調査に関わる「守秘義務」は秘密厳守を徹底し、1度の守秘義務違反もありません。信用と実績の各種調査をご希望の個人様・法人様には「期待に応える」べく日頃より充実した調査機材による「プロの調査」をご提供しております。

もし、迷いや疑念が存在するならば「無料相談」にて専門の相談員が丁寧に対応させていただきます。

調査依頼にならないご相談事項にも日頃より対応し「地域社会の健全化」に務める探偵を目指しております。

他社の調査に納得がいかない案件・困難な案件にも「自信を持って対応」させていただく所存ですので是非一度ご相談下さい。

 

家出した少年少女が集まる新宿

年末年始、学年末、夏休みと少年少女が家出する時期である。

最近でもやはり新宿に出てくる家出少年少女が多く、ニュースにもなっている。マンガ喫茶などですごしたりしているがお金がなくなってくると悪い大人に騙されて特に少女は風俗店や違法性の売春などを強要される事件が多い。

確かに歌舞伎町などにはそれらしき少年少女を見かける事があるが声をかけようとしても逃げてしまう。

新宿という街は家出した少年少女には魅力ある街なのだろう。

当興信所にも新宿という土地柄からか家出についての所在調査はおのずと多い。未成年であれば親からの家出調査における親権委任状があれば拘束力もでてくる。

もし身内に家出して東京に行っている可能性が高い子供がいるなら早めに相談されることをお勧めする。

場所や状況に応じた探偵の変装について

探偵がある個人を調査する場合、尾行や張り込みは必要不可欠です。

その際にはなるべく対象者に気づかれず、印象に残らないように留意しなければなりません。

そこで、探偵は必要に応じて変装をすることがあります。しかし変装といっても、カツラやつけひげなどを用いるのは逆効果となります。これらは人目を引きつけ、対象者の不審を招きかねないからです。

探偵の変装としては、外見やアクセサリーを少し変えることが多いものです。たとえば「メガネをかける・取る」「ネクタイを外してマフラーに替える」「リバーシブルの帽子やジャケットを活用する」「髪の分け目やセットの仕方を変える」などが挙げられます。

また、尾行や張り込みを行う場所によってスタイルを変化させることもあります。住宅地では作業着を着て、何かの作業や点検の業者を装うのも効果的です。オフィス街ではスーツとショルダーバッグなどを合わせ、ビジネスマンの中に溶け込むのが最適です。

そして女性の探偵の場合には、変装にもさまざまなバリエーションが考えられます。

「メガネ・ノーメイク・ラフな服装・スニーカー」「コンタクトレンズ・メイクあり・スーツ・ハイヒール」など、組み合わせを変えるだけで完全にイメージチェンジができます。

探偵の変装は大がかりなものではなく、その場の状況にうまく対応したものが多いといえます。

探偵は社会問題を解決することができる存在

探偵は社会で問題になっている重要な案件を解決できる唯一の存在です。

何かと言うと、いじめ問題なのです。

国内のいじめ問題を解決できるのは探偵以外にありません。

 

いじめ問題を解決するために警察を頼りに相談に行く両親は多くいます。

しかし、こうした問題に警察はまともに取り合ってくれません。

理由は明快で、法律上出来ないからです。

国内の暗黙の了解で、警察権力は民事不介入の原則と言う大原則に縛られてしまうのです。

これは簡単に言うと、近所でトラブルがあったような問題は大きな権力である警察などが出向かずに、当人同士の話し合いなどで解決してもらおうとする原則です。

この原則には民間同士のトラブルであるいじめ問題も含まれていて、警察は捜査がしたくても出来ない現状に置かれています。

 

だからこそ、探偵が必要になるのです。

実は近年、探偵に対するいじめ問題に関する相談が数倍から数十倍にまで膨れ上がっていると言うデータが出ています。