浮気の認識

 今、異性と共有している状況が「浮気と認識」していない人物が世の中には存在している。第三者からみれば「自己中心的」か「天然」なのか判断に苦しむ。

男女年齢に関係なく「肉体関係を結ぶ」行為やそれに近い密接な行為を「浮気と認識」しない日常生活を送って居る人物は「危険この上ない」存在であり、パートナーの身近にこの手のタイプの異性が存在しているならば「手綱をしぼる」必要性がある。

探偵の業務で垣間見る「現実」には幾つもの「真実の姿」や出来事があり、時には「目を背けたく」なる酷い人物も存在している。浮気の認識が無い人物に変化を求める努力は届くことが無く状況も良くない。

探偵や興信所の業務で危険人物との交際を阻止する「素行調査」は現在のパートナーとの関係を維持するため有効な手段と言える。