探偵が必要な場面 浮気編

ご自分で御主人の浮気の証拠をとる方は存在し、仮に成功すればお金をかけずに「御主人に浮気を認めさせる」材料となる。しかし、御主人の浮気相手である女性に責任を追及するには単発な浮気現場では証拠として薄い傾向が強いといえる。少なくとも「複数回不貞の証拠」が必要になり、「誰もが認める証拠が必要」となるのである。奥様が複数回にわたり「御主人を尾行」する行為は現実的に「極めて困難」といえ、エレベーターや規模の小さな店舗を利用した場合を想定していただければ理由はご理解いただけることだろう。

探偵が必要とされる最たる場面は「複数回にわたる浮気の証拠を撮る」という現実的な場面が存在するからである。

どんなに奥様が変装や化粧が得意であっても至近距離での風貌まで変化させられることは現実的ではなく「もし、浮気を疑って尾行」が御主人に認識された場合には、プロの探偵に依頼しても「時間と費用が」必要となる悪循環がまっている。

このような悪循環はかえって「浮気の証拠」の取得に費用と時間のロスを招く可能性が高く「運良く想定通り」に事が運ぶことは希といって良いだろう。