浮気調査を行う前に・・・

探偵に浮気調査を依頼しようとお考えの方にお伝えしたい話。浮気調査を託す探偵選びが終わり「問い合わせ・相談・調査委任契約」が完了した段階で忘れてはいけない重要ポイントがある。

調査実施するにあたり「探偵の判断で調査の継続・終了」を行わせない取り決めが必要で重要となる。調査現場の状況から「今日の行動では結果が出にくい」と判断できる場面であっても「探偵は利益優先で調査継続」をする。結果、依頼人の欲する行動はとれず「無駄な調査時間が増加」し「調査費用がかさむ」ことがおこる。

一日の調査の流れの中で「探偵は状況の変化に伴う中間報告」を依頼人に行い「依頼人主導の判断をあおぐ」ことが素行調査や浮気調査の現場では望ましい。

もし、探偵主導の長時間に及ぶ調査を実施し「空振り調査の結果は想定できた」ならば探偵の利益主導による判断で調査が行われたこととなる。

このような調査を行う探偵との契約は即時撤回し、良心的な探偵を探し「再調査を実施」する事が最良の判断といえる。

長期外泊

 お盆を目前に控え長期外泊の予定も増えるこの時期。子供さんを連れて家族旅行や実家への帰省などが主な理由の代表。

独身の方にも同様の理由が当てはまるが「嘘の外泊理由」にも成りかねる場合も存在している事を忘れてはならない。特に日常から腑に落ちない行動が目立つ恋人や婚約者には細心の注意を払い目を向ける必要がある。浮気相手と自由に行動を共にする時間が日常に取れない人物はここぞとばかり行動に移すケースを過去に見てきている。

特別に入れ込んでいる趣味などを持っている人物も同様のケースがある。

趣味を口実に浮気相手と長期外泊を計画し実行出来るタイミングは仕事をもっている社会人には意外に少なく限られた時期に集中する傾向にある。自営業などを生業にしている人物も「長期休暇・長期外泊」は世間に合わせる傾向が強く意外にシンプルに行動パターンに現れやすい。

普段の行動の中に必ず「浮気の前兆」とも言えるヒントは現れている。注視していれば見落とすことは少ないと考える。

 

浮気疑う理由

 過去の御依頼者の多くは浮気を疑う理由や根拠があり相談や調査依頼に足を運ばれている。最も多い浮気を疑う理由は「生活の変化」と断言できる。

一緒に寝起きを共にし食事をとっている家族環境ならば生活の変化に気づく事に時間を要さない。しかし、恋人や婚約者などの「同居」していない人物の生活の変化に気づく事は困難と言える。

決定的な浮気を疑う「根拠」である「メールや連絡の痕跡」などが存在していれば話は別なのだが単身者の生活を把握し嘘を追求するには「ある程度の日数と時間」が必要不可欠である。例えるならば「婚約者の日常生活に疑念」がある方が結婚前に「素行調査を2・3日」行った程度では「真実の姿や行動」を調査結果として得ることが難しいのである。

婚約者や恋人が夕方仕事を終えて「誰と何処ですごしているのか?」不安をお持ちの方は「外出している曜日や時間帯」を何気なくリサーチする事が重要な第一歩と申しあげたい。

安心価格の浮気調査

 安心価格の浮気調査とは「御依頼者が納得できる調査料金」である。

一言で「浮気調査の料金」と言っても探偵業者によって様々であり低料金イコール安心価格とも言えない現状にある。

低料金で浮気の証拠を得られる事は「御依頼者に魅力的」なメリットと言える。

探偵目線で低料金の浮気調査を行う業者の見方は少し違う。

浮気調査を低料金で実施し「浮気の証拠」を短期間に得られるならば問題ないが現実には「機材不足」や「ノウハウ不足」による調査時間の延長が「低料金の探偵」には共通している。結果、単価が安くとも「そこまでは調べられない」の一言で「調査が延長」される。

浮気の証拠を確保し浮気相手の身元を調べ調査後のアフターケアを実施出来てこそ「浮気調査」といえる。

そこまで出来る探偵業者であるか「相談・問い合わせ」の段階で確認することがいかに重要で「最終的な浮気調査の費用」を理解した上で探偵業者を選ぶ事をおすすめしたい。

浮気調査の相談

 パートナー(交際相手)の浮気が気になり相談に訪れる相談者が多い今日この頃。

浮気調査を実施し「浮気の証拠」が撮影出来なくとも「誠実なパートナーの素行」を調査結果で知り安心される方が多く存在している。

浮気調査は御依頼者の目的次第で方向性が別れると言える。

離婚原因の証拠として「浮気の証拠」を欲している依頼人もいれば、浮気を止めさせたい強い思いから浮気調査を実施される方も。

依頼人の目的で共通している事といえば「将来的な幸せな日常」を求めていることだろう。想い悩み一人考え込んで「日常を過ごす」行為は決して健康的とは言い難い。当然、行動で原因を追及し対処しなければならない。

もし、頼れる存在をお探しならば「探偵や興信所」の無料相談を利用する選択もあり「誰かに相談することで」ご自分の心の負担も軽くなるやもしれない。