愛情のかたち

浮気調査を実施される依頼人たちは「調査対象者の愛情」が残っているのか確認している。浮気している事実があっても自分に対する愛情が残っていないか調査結果から読み取ろうとしている。

気持ちは理解できる。

浮気していても愛情表現や気遣いがあれば「やり直す材料」になりえる。

愛情表現は人それぞれで他人には理解できない事が殆どである。少ない可能性であっても探し求めたい気持ちに異論はない。

浮気されても「自分に対する愛情表現が確認できれば・・・」わらにもすがる気持ちなのだと。浮気を秘密に行い何気ない日常生活を装うパートナーの本心を知りたいのである。現在の家庭を壊すのか?浮気相手との新たな生活を考えているのか?

依頼人は知りたいのである。

男性の浮気

 男性が女性に興味や魅力を感じる瞬間は意外に些細なことである。男性が浮気に発展する経緯は単純で明快である。

毎日顔をあわせている同僚の女性にたまたまハンカチを借り「親切な一面がある」と思った瞬間に気になる存在に変化したりする。要するに「きっかけ」があれば男性は女性に興味を抱く確立が非常に上がりやすい。

いつも見せない一面を垣間見る瞬間などは「ギャップ」が発生し好意を抱きやすいだろう。

多くの場合は男性が女性に興味を抱き「行動」に移すきっかけがあれば2人の時間がもてる確立が高い。女性は多くの場合「受け身」で男性からのアプローチを期待している傾向がある。このように「男性の浮気」に発展する経緯やシュチュエーションは「ごく普通の日常」に存在し、きっかけさえあれば「浮気と認識」する以前に恋愛の意識しかなく「既婚者の恋愛感情」が恋愛に発展し深い関係になって浮気をやっと自覚する傾向が強い。

既婚者の恋愛感情が軽率な状況を生み出す事は言うまでもないが「退屈な日常」に変化が起きる期待は誰しももっており「浮気の一線」を超えてしまう方は他にも事情や不満を抱えて生活している場合が多い。