期待に応える

 探偵は依頼人の利益につながる情報を提供し不利益を回避する情報も同時に提供する。ビジネスの攻守の判断材料をスピーディーに提供できると言える。信用できるか?信用できないか?迷った時に「即決」は危険が伴いリスキーである。判断ミスが多いビジネスは「余計な経費」や「無駄な仕事」を生み出し「期待はずれな会社」の烙印につながる。

顧客に逃げられる「仕事振り」とは上記のような状況を放置しており、そのような状況を続ける先には「後悔と破綻」しか見えてこない。

現代のビジネススピードに沿う努力を行える企業は優良であり「期待できる会社」の烙印が押される。企業に所属する従業員一人一人の対外的な対応が「企業の顔」と言える。

探偵が得る情報で「スムーズな判断」と「企業の優良性」は向上できる傾向にあり、世に言う「ブラック企業」との取引も事前に防げる。メリットがデメリットをしのぐ「調査」を実施できる探偵や興信所の利用価値は高く「期待に応える」情報を提供し続けると言える。

女性探偵のメリット、デメリットについて

女性の探偵は実際にいるのでしょうか。やはり探偵というと男性を想像するし、怖い目にあう可能性もあるので女性探偵はいないのではないかというイメージはぬぐえませんね。しかし現実には女性探偵は働いていますし、女性ならではのメリットもあります。そこで女性探偵のメリット、デメリットを紹介しましょう。

 

女性探偵だとまず、女性の依頼主が女性を指定する場合は有利に働くでしょう。話を聞くときに同じ女性だと安心感があります。また調査中も有利に働くことがあります。たとえば身辺調査で聞き込みをするときも女性だと、口がゆるみやすいことはあります。

 

また追跡調査でも、同じ女性の追跡なら用心されにくいメリットがあります。また対象相手が女性トイレにはいった時は、女性なら追跡ができます。女性専用のサウナや電車でも同様に入り込めるので捜査がはかどるメリットがあるでしょう。

 

ただ体力面や危険がともなう仕事はやはり、向いていない面はあるでしょう。たとえば深夜の一人での追跡調査はやはり、簡単にはおこなえないでしょう。ただ護身術を身につけたり護身用具を味方につけたりと、方法はあります。しかしながら不利な点は男性探偵がカバーして女性探偵のメリットを上手に活かせば戦力になり十分仕事はできるでしょう。