依頼人のため

探偵は依頼人の為に調査を行う業種である。

クライアントの意向をくみ取り「的確な調査方法を提案」し「調査に必要な予算を概算」を提示する。

そこで現実的だと判断されたならばクライアントと調査委任契約を結び調査に着手する運びとなる。

当然ながら事前に「調査に関わるリスク説明」がなされなければならない。

探偵と調査契約を結ぶ段階でこの「リスク説明」が不十分な探偵業者は悪質な場合が多い。

いざ調査に着手して「充分な調査結果が得られない」ケースを想像していただきたい。

探偵がこの状況を想定しリスク説明をきちんと行った上で契約を結んでいればトラブルに発展しないだろうが、殆どの探偵は「依頼欲しさ」からリスク説明を怠る傾向にある。

依頼人のために行う調査であるにもかかわらず「満足な調査」とはならない。

通常、調査を依頼する機会は頻繁にやってこないだろう。頻度や利用率から考慮しても「探偵が調査のリスク」を説明しない状況は悪質といえる。

納得のゆく説明や相談を行えない探偵との契約は見送る事が望ましいといえるだろう。

依頼して安心な探偵

 調査を依頼したいが「依頼して安心な」業者に巡り会う可能性はかなり限定されるといえる。皆さんが良心的で誠実な探偵を希望される事は当然であり、抱えている問題解決を早期に低料金で行いたいはずである。

調査を依頼する過程で「安心な探偵」を見極めて選ぶ判断基準があれば営利目的や粗末な調査を行う探偵を除外して「依頼」を行う事が可能である。

一つの疑問が浮かぶ。頼んで安心な探偵の判断基準があるか?

探偵目線で判断基準をご提案させていただくと一般的な調査依頼の流れから「問い合わせ」の段階が最重要である。希望する調査内容を的確に把握し必要な調査期間や必要な費用を概算で提示できる探偵は当たり前である。ここで、もう一点探偵に質問していただきたい「想定されるリスクの有無」があるか?である。

この質問に誠実に回答し「想定されるリスク」が説明出来る探偵は「経験値が高く信頼度が高い」と言える。安価で行えない調査において「リスク説明」が明確に行えるか?行えないか?で信頼度や誠実度はある程度路程すると言える。