探偵の仕事について

探偵の仕事は一見とても魅力を感じる仕事に見えますが、実際の仕事はとても地味であり、いったん仕事に入ってしまうと何時に終わるかもわからないといった、とても不規則な仕事です。いつ仕事になるか、休みになるか、状況もコロコロ変わるので、家庭を持っている人にはとても予定など立てられないので、家族が困ってしまうことも多いです。

ですから、探偵の仕事をするにはそれだけの覚悟が要ります。そして、一番大事なことは体力です。走ったり、張り込んだりと体力がとても必要となってくるのです。

探偵は誰でもなることが出来ます。義務教員を出ていて、ある程度の法律を分かっていれば、誰でも出来るのです。ですから、今、自分で事業を始めたいと思っている人は、探偵事務所を開くことも可能なのです。しっかり仕事を見つけれれば、誰でも成功は可能なビジネスです。余り知られていないビジネスチャンスなのかもしれません。

もしかして、貴方に探偵の才能があるかもと思う何かを感じるなら、チャンスをものに出来るかもしれません。

探偵に調べてもらいたいと思っている人はとても思いつめている人ばかりです。そんな人の願いをかなえて、報酬を得ることが出来る探偵の仕事はとても素晴らしい仕事ではないでしょうか。

 

探偵の業務内容

探偵は依頼者の要望に応じ、個人や企業について情報収集を行います。

仕事の中で最も大きな割合を占めるのは、調査活動です。尾行や張り込み、聞き込みなどはもちろん、証拠となる画像や映像を撮影することもあります。企業が調査対象である場合には、経営状況や財務内容、評判、取引先との関係などを側面から調査します。

また、依頼人への対応も仕事内容の一つです。解決したい問題を抱えた依頼者との面談を設定し、悩みや相談内容を聞き取ります。そして問題解決につながる調査方法や、見積もり金額を提示します。

親身かつ的確な対応をすることで、依頼人の信頼を得ることができます。それが仕事の受注にもつながり、売上面での貢献が期待できます。

さらに探偵の重要な仕事として、調査報告書の作成が挙げられます。一般的には対象者の行動記録と共に、証拠となる写真を添付して作成されます。調査した日付や時間、対象者の行動に関する説明、探偵自身の所見などを書き込むことも必須となります。

この他にも、探偵は調査後のフォローを行う場合があります。たとえば配偶者の浮気調査を依頼され、実際に証拠が見つかったとします。依頼者が離婚を望む場合には、専門の弁護士を紹介して相談を受け付けるなどの配慮がなされます。

このように探偵の仕事内容は多岐にわたり、その一つひとつが重要なのです。