探偵の業務内容を紹介

探偵という言葉はよく耳にすることはありがちですが、探偵の業務内容はあまり知らないという人が多いのではないでしょうか。

そんな探偵の業務内容は、相談者さんの依頼に応じて毎回変わってくるのですが、多いものは浮気を調査したり、近況や行方がわからなくなってしまった人を探して所在を調査したりすることが多いです。

いずれにしても、依頼を叶えるためにはハードな仕事が求められます。

たとえば、浮気現場の証拠を押さえようと思えば、雨の日や寒くて凍える日であっても何時間も物陰に隠れながら人の動きをチェックしていたり、真夏であっても暑い車の中で怪しまれずにずっと見張っておかなければいけないことだってあるのです。

探偵のお仕事では、調査する対象の人に対して気付かれないようにすることが基本と言えるので、怪しまれないようにするためには息を殺して身をひそめて、暑さや寒さなどもこらえながらお仕事する必要があるケースも多いのです。

しかし、依頼者さんの悩みや不安などが、自分たちの仕事によって解消できることも多いですし、そのような時には非常に素晴らしいやりがいが待ち構えています。

また、探偵の仕事は録音機やカメラ、ビデオなど便利な文明の機器がどんどんと進化を続けているので、昔と比べると調査も楽になりました。

 

探偵は警察と違って何でも調査します

探偵には逮捕権はありませんが、刑事さんのやっているような仕事と近い仕事でしょう。特に張り込みや尾行など。依頼主が調べて欲しいことならどんな事でも調査します。もちろん違法な事や差別などに関わるものはお断りしていますが、それ以外の正当な依頼でしたら何でも調べます。全国色々なところへ出向き、人を探したりもします。

最近、増加しているのがストーカー調査です。警察は事件が起こってからとかある程度の証拠がないとなかなか動いてくれませんが、探偵はそうではありません。依頼主からの要望は出来る限り応じるようにしています。ですから、駅から家までの一人歩きが怖いのでボディガードしてほしいなどの依頼にも答えるようにしています。

その他に、警察では盗聴器があるかどうかなどは調べてもらうことができません。探偵事務所はそういった調査ももちろん行います。専用の機器を使って安易に家の中や会社に設置された盗聴器を見つけだし、家屋などに就いている場合には取り外すという作業もしています。外部であれば警察にも連絡を入れます。

探偵という仕事はさまざまですが、依頼主の安心のために日々頑張っているのです。

もっとも多い依頼は浮気調査

探偵の依頼内容としてもっとも多い依頼というのは何かご存知でしょうか。

殺人事件の解決ではありません。

もっとも多いのは、浮気調査なのです。男と女が存在する以上、浮気や不倫というのは避けては通れないもの。

公然と浮気や不倫をする人というのもあまりいませんので、それを暴くには探偵の協力が必要となるのです。

 

浮気調査をするためには、まずはターゲットの行動パターンを知ることからはじめます。

依頼者からターゲットの行動パターンについて聞き込みをします。

次に、尾行や張り込みをして、実際にターゲットの行動パターンを確認します。

調査方法は基本的に、尾行や張り込みとなります。

特に浮気調査の場合、車を使って行動範囲を広げるケースもありますので、探偵側としても車は欠かせません。

通常、浮気行為の多くは夜に行われますが、昼間や仕事の合間に行うという場合もあります。特に外回りが多い人などは、その可能性が高いですね。

 

浮気が発覚したら、それで探偵の仕事は終わりというわけではありません。

依頼者の心のケアも仕事のうちです。

そして、仮に離婚訴訟となったときに備えて、提携している弁護士を紹介したりもしております。