信用できるか?できないか?

探偵選びで頭を悩ませている方は少なくない。

事実、ネット上には膨大な探偵業者に関する情報があり「選ぶ基準」を明確に持っていなければ選別できないだろう。

探偵に問い合わせの電話やメールでやり取りを行い、親切丁寧な対応がかえってきたならば「面談し調査委任契約」となり調査案件を探偵が実施する運びとなる。

探偵事務所に足を運び探偵と面談し「目前の探偵が信用できる人物であるか?」瞬時に判断出来る方は少ない。

その探偵事務所がきちんと運営されているか?業歴は長く経験豊富な探偵であるか?契約内容は理解しやすく安信価格で調査が実施できるか?最低限必要とされる探偵選びの選定基準をクリアーしている業者でなければ「依頼を任せる」ことはできない。

信用できるか?信用できないか?基準をもって探偵を選んでいただきたい。

効率の良い調査

 探偵の手腕は「良い調査」に必要な条件の一つである。

しかし、広い社会に無数に存在する「探偵業者」の中から「効率の良い調査」を行う探偵に巡り会うことは難しいといえる。何度も探偵に調査を依頼する職業に従事している方ならば「腕の良い調査」を行う探偵と接点もあるのだろうが「世間に認知」された探偵は聞いた事がない。

それでは、良い調査を行う探偵を選ぶ為に必要な選定条件は何か?

探偵に限らず良い仕事を行う仕事人は「仕事の進め方が依頼人主導」であると思う。具体的に説明すると「依頼」をする相手を探している段階で「調査の方法や調査結果を得られるまでの期間」や「必要な費用」が依頼者の希望に沿った「提案」であるか?が相談段階で重要な選定基準と考える。

悪い探偵は「やっつけ仕事」かと思うほど「契約と調査費用」の話が中心であり、とてもではないが「依頼者の要望」に耳を傾ける事がない。

探偵に問い合わせや相談をする段階で「依頼者主導」(依頼人の意向)をくみ取れている「探偵」は信用に値すると考える。逆に「探偵の意向を押しつける」行為には充分な注意が必要といえる。