依頼人の話を理解する

探偵は依頼人が「何を求めて調査を実施」したいのか?理解が必要な職業である。探偵の理解が低く調査が実施されたならば「依頼人の期待を裏切る調査」となってしまい「満足な調査報告」を得られない。このような探偵は相談時点で「依頼人を理解出来ていない」場合が殆どであり、依頼人が求める調査以上に「探偵の欲求」が調査に反映してしまっている。簡単にいって「探偵が利益優先な調査」を勧めて実施したということなのである。

依頼人の欲している情報に沿った調査プランや調査手法が「本当に選択」されているか?殆どの依頼人は探偵を頼り依存して「後悔を招く」結果を迎える。

悪意がある探偵のお話をしたが「このような営業を行う探偵は多い」と言える。

事実、消費者センターによせられる苦情の多くが「調査に見あわない費用」という話が現実に問題定義されている。探偵がまとまった調査を実施すれば「冠婚葬祭並の費用負担が常識」といえる。

結婚式を挙げられる程の金額を支払う調査の内容が薄っぺらでは「依頼人が納得できない」感情が生まれ問題となるのは当然だろう。

このようなトラブルは相談時点で「探偵に理解や方向性」で決定されがちなので充分な注意のもとに問い合わせや相談を行ってほしい。

探偵が必要な場面 浮気編

ご自分で御主人の浮気の証拠をとる方は存在し、仮に成功すればお金をかけずに「御主人に浮気を認めさせる」材料となる。しかし、御主人の浮気相手である女性に責任を追及するには単発な浮気現場では証拠として薄い傾向が強いといえる。少なくとも「複数回不貞の証拠」が必要になり、「誰もが認める証拠が必要」となるのである。奥様が複数回にわたり「御主人を尾行」する行為は現実的に「極めて困難」といえ、エレベーターや規模の小さな店舗を利用した場合を想定していただければ理由はご理解いただけることだろう。

探偵が必要とされる最たる場面は「複数回にわたる浮気の証拠を撮る」という現実的な場面が存在するからである。

どんなに奥様が変装や化粧が得意であっても至近距離での風貌まで変化させられることは現実的ではなく「もし、浮気を疑って尾行」が御主人に認識された場合には、プロの探偵に依頼しても「時間と費用が」必要となる悪循環がまっている。

このような悪循環はかえって「浮気の証拠」の取得に費用と時間のロスを招く可能性が高く「運良く想定通り」に事が運ぶことは希といって良いだろう。

情報社会と調査

世の中の情報は現代社会において「デジタル管理」が主流になっている。クラウドコンピューティングなどに代表される最新の管理システムは従来の情報保管システムとの差が天地ほどあるといえ技術の進歩が如何に高速でおこっているのか驚かされるばかりである。

提供される利便性の高品質さや、従来の情報量を凌駕するコスト削減に基づく情報処理能力は「情報社会の最先端」といえる。

身近なPC作業の中にもこうした技術による恩恵は存在し現代人の生活を豊かにしている。探偵は最先端の技術を導入した調査が求められる業種といえ、最新技術がどのような利点を持ち「利用価値が存在」するかの判断が必要である。

アナログな調査が実施されていた十数年前から現代の調査レベルは想像できなかっただろう。携帯電話がこれほど多くの利用者を獲得することも予想をはるかに上回っている現実である。

将来的に現実に起こり得ないと考える「未来像」が近い将来やって来ている。

おそらくではあるが探偵が行う調査も「スマホとwifi」の組み合わせにより「より高度な調査」が実現可能になる兆しがある。何気なくスマホをいじっているように見えて「実際には浮気現場や不正現場を撮影」となりうるのである。

私がその時、老探偵として活動しているかは見通し不能ではある(笑)

探偵は信用が命

探偵は御依頼者から信用されなければ「業務がスムーズ」に運ばない職業である。信用されない探偵は「多くの調査前情報」を依頼人から与えてもらえない傾向があり「きちんと調査する探偵か?」品定めされる。

細かな情報や判断を依頼人に提示し「あっ・・・この探偵は大丈夫!」と初めて信用される。

この時点が「本当の意味での契約成立」といえるだろう。探偵が依頼人に初めて信用された瞬間なのだから。

このように疑いの目を持った依頼人は多く、探偵は調査や仕事内容で「信用」を勝ち取らなければならない。信用される前に「いい加減な対応」が露呈する探偵は当然ながら「調査を実施」する前に契約を白紙にされることだろう。

大切な事は「探偵は信用が命」であり何気ない調査に関わる判断や認識であっても「依頼人に対して誠実に説明し理解していただく」努力をおしまないということである。

疑わしい行動

怪しい行動をとる人物は仕事でもプライベートでも周囲の人物から疑われる。当然、周囲に「何で?」との考えを抱かせる行動をとってしまった結果である。仕事上のルール違反や不正を犯す人物は普段から「おや?この人感覚が常識外れ・・・」などの場面に出くわす。世間ではこのような人物が「要注意」であり、普段から注視する必要性をもたれる。

探偵のなかにもこのような「疑わしさ・怪しさ」をもった人物は存在している。

探偵業を長く続ければ「怪しい探偵に依頼」してしまった依頼人からの「再調査」を引き受ける機会が少なくない。

雰囲気だけが怪しいならば「探偵の容姿」に問題点があるのだと想像がつくが、「行った調査に疑問」が残っては話が違ってくる。報酬にみあった調査であったのか?きちんと同じ状況が実際の調査で起こるのか検証しなくてはならない。

調査能力が低く探偵に憧れて起業した「結果を出せない探偵」に多い怪しい調査は「再調査」により事実確認が行え「もっと情報が得られるか?」の判断も下せるメリットがある。もし、過去に行った調査に納得がいかない場合は気軽に相談し問い合わせていただきたい。