新宿探偵レディー・料理大好き7

私が大好きな韓国。そして韓国料理も大好き。

そんな私にぴったりのお料理レシピをたくさん教えてくれる料理研究家のコウケンテツさん。彼は在日韓国人で父親は大阪人なので、日本語ペラペラで、しかも関西弁を話す韓国人の方です。日本でもたくさん本を出したり、テレビに出演したりしているので、私が今まで紹介させていただいた料理研究家の方の中では一番有名なのではないかと思います。母親も料理研究家で姉もフードコーディネーターという料理家ファミリー。家族でテレビに出演していることもあります。

そんな彼のレシピは韓国料理をベースに日本風にアレンジされているようなものが多く、キムチやコチュジャンを多く使われていて、とても食欲をそそるレシピばかり なのです。そして関西弁の中にも穏やかでやわらかい話し方がとても好感が持てて私は好きです。

彼が出している本の中でとても気になる本があります。「こどものまんぷくごはん」というもの。実生活でも子供を持つ彼は子供目線での料理レシピも豊富です。子供の頃の思い出といえばお母さんが作ってくれた料理を家族みんなでわいわいしながら食べたことだというコウさん。まさに私もそうでした。そしてお父さんの口癖は「いっぱい食べろ」だったそう。これも私の父と同じです。私の父はいまだにそう言います。実家に帰って食事をしたり、みんなで外食をしたときにも「たくさん食べなさい」しきりにそう言います。

お腹がいっぱいになったときの幸せ感ってとても心地いいですよね。この本はこどもの ためのレシピ本というよりは家族みんなで一緒にお腹いっぱいに食べる家族のためのレシピ本だそうです。レシピの内容も気になりますが、まずこのコンセプトに深く共感し、さらにコウさんが大好きになりました。家族で食べる食事の時間。1回1回を大切にしていこうとあらためて思いました。

新宿探偵レディー・料理大好き6

食物アレルギーについて気になる記事を見つけました。

食物アレルギーを起こしやすい卵や乳製品などを子供が食べるのを過剰に制限した結果、アレルギーを悪化させたり、栄養障害が出て来てしまうことが研究の結果分かったというものでした。

食物除去を過剰に行った結果、O脚などを発症する子供が増加し、検査を行ったところ栄養障害で骨が変形する「くる病」の症状を確認したといいます。彼らの親は湿疹やアトピー性皮膚炎を治すために卵と乳製品を除去しており、魚も取らせていない例もあったようです。保護者が自己判断しており、こうした食事の結果、ビタミンDが不足したとみられると専門家は語っていました。

しかし、食物アレルギーは本当に恐ろしいものですし、一歩間違えれば死に至るケースもあります。それゆえ、親が慎重になるのは当然のことであり、自己判断といえども間違いではないと私はおもいます。学校の給食による食物アレルギー事故も増加している現在、食物アレルギーを持つお子さんがいらっしゃるご両親は本当に心配なさっていると思います。

私の子供も赤ちゃんの頃に卵を食べたところ顔中が真っ赤になってしまい、慌てて病院へ行ったことを覚えています。医師によれば 、卵アレルギーは大きくなれば治ることがほとんどだから気にしなくても少しずつ与えて大丈夫とのことでした。しかし、しばらくは怖くて与えることが出来ませんでした。命に関わる問題ではないにしろ子供に与える食事に関しては非常に神経を使っていました。専門家の意見や診断は正しいことのほうがもちろん多いですが、親なりの意見もあるのになぁと少し思ってしまいました。

新宿探偵レディー・料理大好き5

またまた料理研究家のお話をさせて頂きます。

私が好きな料理研究家の一人。今回も海外の方なのですが、アメリカの女性料理研究家クレア•ロビンソンさんです。

特に彼女の番組で好きなのは「クレアのeasy to 5」という番組です。この番組はどんな料理も5種類の食材や調味料で作り上げてしまうという魔法のような番組です。しかもどの料理もまさか5種類の材料では作れないような立派で美味しそうなものばかりなのです。この番組では毎回テーマに合わせていくつかの料理を作り上げていくのですが、本当に全て5種類の材料しか使っていません。それなので、素材の味も楽しめて、豪快なレシピが多いです。

そして、料理ももちろんすばらしいのですが、なんといっても彼女の魅力のひとつは、これぞアメリカ人!という感じのリアクションととびきりの笑顔、食べるときの美味しそうな表情が私はとても好きです。また、彼女は日本の食材や日本酒も好んでいるようで、日本食をアメリカ式にアレンジしたような レシピも数多く紹介してくれています。そして、彼女はお酒も好きなようで、たまにオリジナルカクテルのレシピも紹介してくれます。バーで出て来るような本格的なカクテルで、見ているだけでアメリカにいるような気にさせてくれます。

番組のコンセプトは、簡単で真似しやすい料理を紹介することだと思うので、見ているこちらもすぐに真似したくなるようなレシピばかりです。海外の料理はなかなか手に入らないような食材や調味料を多く使用しているものが多いですが、この番組の中で紹介されるレシピは比較的身近な食材を使用するものが多いので、その点も嬉しいです。

既にseazon5を迎えているこの番組。今後もクレアさんの活躍を期待しています。

新宿探偵レディー・料理大好き4

今回もまたまた料理研究家のお話になってしまいますが、私は日本人女性の料理研究家の浜内千波さんも注目している料理研究家のひとりです。浜内さんのレシピはヘルシーなものがとても多いです。

なぜならば、浜内さんは20代の頃、今のスリムな体型からは想像がつかないほど太っていたそうです。何を食べても美味しくて、ずっと食べてばかりいたそうです。しかし、それではいけないと思い、自分でヘルシーなものを作り、食事をするようになり、今のようなスラッとした体型にまでなられたようです。そんな浜内さんのレシピは素材の味を存分に生かし、無駄な調味料をあまり使わないので私のような小さな子供がいる母親としても真似したいレシピが沢山あるのです。浜内さんが出している本も 何冊か購入しました。たまに毒舌な浜内さんの料理コーナーでは出演者とのトークもおもしろくてついつい見入ってしまいます。

浜内さんのレシピの中で一番好きなのはポテトサラダです。マヨネーズを使わずにヨーグルトで仕上げるもので、クリーミーでとても美味しいのです。それから、浜内さんが作るカレーは市販のカレールーを使用しないので、カレーなのにカロリーも大幅カットできます。カレーのとろみは、なんとカボチャを使用してつけるのです。ルーを使っていないのに、カボチャの甘みと少量のカレー粉でスパイシーな味わいもちゃんと感じられてとても美味しいです。

女性にとってヘルシー料理とはとても嬉しいもので、自宅でも簡単に美味しく、かつヘルシーに作れるレシピはいくつか覚えて おきたいものですよね。