探偵が必要な場面 浮気編

ご自分で御主人の浮気の証拠をとる方は存在し、仮に成功すればお金をかけずに「御主人に浮気を認めさせる」材料となる。しかし、御主人の浮気相手である女性に責任を追及するには単発な浮気現場では証拠として薄い傾向が強いといえる。少なくとも「複数回不貞の証拠」が必要になり、「誰もが認める証拠が必要」となるのである。奥様が複数回にわたり「御主人を尾行」する行為は現実的に「極めて困難」といえ、エレベーターや規模の小さな店舗を利用した場合を想定していただければ理由はご理解いただけることだろう。

探偵が必要とされる最たる場面は「複数回にわたる浮気の証拠を撮る」という現実的な場面が存在するからである。

どんなに奥様が変装や化粧が得意であっても至近距離での風貌まで変化させられることは現実的ではなく「もし、浮気を疑って尾行」が御主人に認識された場合には、プロの探偵に依頼しても「時間と費用が」必要となる悪循環がまっている。

このような悪循環はかえって「浮気の証拠」の取得に費用と時間のロスを招く可能性が高く「運良く想定通り」に事が運ぶことは希といって良いだろう。

離婚を切り出され、浮気調査をお願いしました

まさか自分の人生で、探偵さんにお世話になるとは思いもしませんでした。

依頼はありきたりですが浮気調査です。

結婚して7年目、雇われ歯科医だった主人が独立開業を宣言して多忙になり、毎日帰宅が遅くなりました。

私は5歳の子供とお腹に二人目がおり、近隣に住んでいた実家に頼りっぱなしで、主人の異変に気づきませんでした。

二人目が生まれてすぐ、主人に離婚を切り出されました。

理由は、私が実家に甘えてばかりで嫁いだ自覚がないということ、欲しくもない子供を強要されたことらしいですが、確かにすぐ父に泣きついて面倒を見てもらっていた自分にも非があったので、泣いて反省するばかりでした。

無料市民相談にも行きましたが、座っていた弁護士は年配の方で、こちらが質問したことをいちいち参考書で調べている始末。

何とか離婚を避けたくて悩んでいたとき、知人が探偵事務所をすすめてくれました。

彼女は行政書士をしていたことがあり、その経験から「男性からはっきりした理由もなく離婚を切り出すときは90%の確立で女がいる。探偵に調べてもらった方がいいよ」とアドバイスしてくれたのです。

そこで彼女に信頼できる探偵事務所を教えてもらい、費用も事前に確認したうえで調査をお願いしました。

すごく緊張しましたが、探偵さんは普通のサラリーマン風で、主人の写真を見せて一日の行動パターンを伝えるだけで、二日で浮気の証拠をつかんでくれました。

写真や書類も裁判で使える証拠としてファイルしてくれたし、金額も見積もり+成功報酬の5万円で、計30万円程度ですみました。

今は調停中ですが、主人が開業のため数千万の借金を背負っているので、慰謝料を払う余裕はないはずです。

浮気の証拠があるとこちらが有利になるとつくづく感じました。