浮気相手との将来

浮気が本気に発展し「実生活を投げ出し浮気相手との将来」を選ぶ。この行為に待ち受ける結末が「現在以上の素敵な家庭」であるか「想像と違う現実」であるか誰にも予想不可能である。ただ確かなことは「必ず失うモノ」が存在し「賭」であると言うこと。

浮気相手との熱愛の末にたどり着いた生活が「以前の生活」を超える幸せなもので「過去に残してきた未練」以上の幸せを手に入れる人物は極少数である。よっぽど以前の生活が酷く「周囲からも離婚を勧められる人物との生活」ならば話は別だが、以前の生活が何不自由なく豊かな生活だった場合には「恋愛の熱に犯されて考えが足りなく」なっていると周囲には判断できる。

浮気や不倫相手と思い描く生活は「無い物ねだり」の感情が生み出す想像上の幸せである。現実に飛び込んでゆくにはハイリスクな場合が殆どと言って良い。

ここで否定的な物言いになる理由は失うものが存在する時点で既に「ハイリスク」である事実が明確であることに基因している。

浮気相手に熱を上げて大切な事を見失った人物の判断は「恋は盲目」と同一な状況下であることが理解できる。

 

浮気相手を知る重要性

 浮気の事実が確認できている案件は「浮気相手の生活環境」を知る事が重要になる。浮気された御依頼者の権利を「最大限獲得」するために必要な事項である。

浮気相手の居住先や勤務先・家族構成などは最低限知って起きたい事柄である。

もし、タチの悪い浮気相手だった場合を想定したならば「ふりかかるリスク」を回避するために重要性が高い。法的手段を選択出来るメリットがある事は言うまでもなく「浮気相手の増長」を防ぐ意味合いでも「知る重要性」の価値は大いに期待できる。

浮気相手の増長とは具体的に「開き直る行為」に他ならない。「払う慰謝料など無い」や「夫婦の義務を怠った」などの逃げ口上や「都合の良い嘘」などを無効化する意味でも「浮気相手の情報」を知る行為は将来的な保守につながる可能性が期待出来る。

浮気相手を知る

浮気調査によって浮気の事実が判明する。しかし、浮気調査はこれて終わらない。浮気相手を特定しなければならないのである。通常、浮気の事実を突き止めた後、浮気相手に調査対象を切り替え、家などを特定する。そして名前や勤務先などを調べる。ここまでして初めて終了となる。

ご相談者の中には配偶者や恋人が浮気をしていた事実を何らかの方法により知り得て、追求したところ認めたものの浮気相手について一切口にしないというケースもある。

情報量にもよるがなかなか相手が特定できない場合も探偵に依頼すると特定することが出来る場合もある。

浮気相手を知っておく事は今後の離婚や婚約破棄問題などで優位に立つ事が多い。

気軽に探偵に相談してほしい。

浮気調査Q&A 5

Q  浮気調査をお願いする場合に証拠が撮りやすい時間帯を教えて下さい。

A  難しい質問ですがお答えします。調査対象者が仕事をもっている場合を想定してお答えします。基本的には仕事中にゆっくり浮気相手と時間を過ごす事はできない立場の方が多いため、勤務が終業したアフターを重点的に調査する事をおすすめします。

思うように結果が出ない場合は週末に長時間じっくり朝から夕方まで外出先を調べ上げる事が重要になってきます。

 

 

浮気相手を知る

 浮気相手の素性を知る事が「問題解決」の近道。

浮気調査に着手する以前に「浮気相手の情報」があれば調査方針も容易に決定できる。それに、調査にかかる時間と費用が節約出来ることは言うまでもない。

多くの不安を抱えた依頼人達は「判断力」が低下している。

日常の中で浮気相手について得られる情報をコツコツ収集する地道な努力は重要で、辛く不安な状況下でも失ってはいけない「最善の努力」と言える。