依頼人の話を理解する

探偵は依頼人が「何を求めて調査を実施」したいのか?理解が必要な職業である。探偵の理解が低く調査が実施されたならば「依頼人の期待を裏切る調査」となってしまい「満足な調査報告」を得られない。このような探偵は相談時点で「依頼人を理解出来ていない」場合が殆どであり、依頼人が求める調査以上に「探偵の欲求」が調査に反映してしまっている。簡単にいって「探偵が利益優先な調査」を勧めて実施したということなのである。

依頼人の欲している情報に沿った調査プランや調査手法が「本当に選択」されているか?殆どの依頼人は探偵を頼り依存して「後悔を招く」結果を迎える。

悪意がある探偵のお話をしたが「このような営業を行う探偵は多い」と言える。

事実、消費者センターによせられる苦情の多くが「調査に見あわない費用」という話が現実に問題定義されている。探偵がまとまった調査を実施すれば「冠婚葬祭並の費用負担が常識」といえる。

結婚式を挙げられる程の金額を支払う調査の内容が薄っぺらでは「依頼人が納得できない」感情が生まれ問題となるのは当然だろう。

このようなトラブルは相談時点で「探偵に理解や方向性」で決定されがちなので充分な注意のもとに問い合わせや相談を行ってほしい。

無責任な発言

探偵は相談者や依頼者に対して「無責任な発言」を決して言ってはいけない職業である。結果的に「調査を実施しなければ・・・・」という気持ちが依頼者の中に存在してしまったならば「探偵に責」があると言える。

多くの探偵や興信所は依頼人に「調査を勧める」発言をする。

相談者や依頼者が置かれた立場を逆手にとって「これ以上悪化したならば・・・」などの言葉は禁句である。

仕事である以上「依頼を欲する感情」から上記の発言が出やすいことは言うまでもなく「依頼人の不安感を煽る」とも第三者からは判断できる場合も少なくない。もし、探偵が相談者や依頼人の相談内容を理解していない上にこのような発言があった場合は極めて悪質な探偵の言葉として認識して欲しい。

探偵は多くの経験から「今後の方向性」がおおよそ見当がついている事も事実ではあるが、「将来を予見など絶対に出来ない存在」であり依頼を誘導している言葉があったならば「その探偵との相談は無意味」であり「今後を断言する」など探偵として無責任であってはならない発言といえるのである。