浮気調査 HOME> コラム> 興信所の選び方> 妥協しない興信所選び

妥協しない興信所選び


興信所に調査を依頼する際に「きちんとした興信所に依頼したい」と考える相談者は堅実と言えるでしょう。
もし、この考え方が無いまま興信所を探し安易に興信所と面談したならば「あまりに高額な料金設定に驚き解決できる問題を放置」したり「相談した興信所の提案が納得できない」等の理由から問題を解決しないまま悪化させてしまう相談者が増えてしまいます。
興信所の探し方や興信所の選び方の基準を少しでも持っている方ならば、このような悪循環に陥ることは無いでしょうし「問題を放置する選択をしない」ことでしょう。
興信所選びは妥協しないことをお勧めします。
何故なら「営利目的の興信所が皆さんが考える以上に多く存在している」からなのです。
どんな興信所であっても「多く報酬を得たい」という感情は存在します。そして、弱者の立場につけこむ興信所が実施する調査は「興信所の利益重視な調査の展開」を許す傾向にあるのです。問題を抱え悩み苦しむ人物に対する行為としては「良心的では無い」と世間から判断されることでしょう。このような興信所に相談し依頼してしまう流れは回避したいものです。
最悪のケースを想定するならば「満足な結果を得られず長く調査を実施して高額な費用だけ支払う状況」となりかねない興信所に依頼してしまう可能性が否定できないのです。

納得の調査を実施する興信所

先に記述した興信所選びで大切な心がけは「妥協しない」納得の興信所を探すこととご理解いただけたことでしょう。依頼人の心情を理解し「精神的な支え」となって「調査を実施」し調査で得た情報により、依頼人の利益や生活を守る業務を遂行できる興信所を妥協せずに探す。
この要素に反する言動がある興信所との契約は絶対に行ってはいけないと考えられます。少しでもいい加減な対応が垣間見れる興信所との時間は無駄と判断できるでしょう。人生の大事や転機に必要な「大切な調査を任せるパートナー」には相応しい興信所が必ず存在するのです。
検索エンジンで上位表示されるSEOの上手な興信所業者が必ず「優れた興信所」であるとは限らないのです。比較的身近に拠点を構える興信所であり、緊急な状況にも対応ができる興信所であるか?
ご依頼者が精神的に辛い状況で支えになって「一緒に問題を乗り越えてくれる興信所」であるか?
このような行動を当たり前に実施できる興信所であるならば信頼して間違いない興信所と言えるでしょう。

業歴が長い興信所を選ぶメリット

興信所が実施する調査業務は「多くの情報源を持っている」ことが何より重要で「依頼人に有意義な情報をスピーディーに報告できる」イコール「優れた経験値と間違いない判断」に裏付けられる的確で無駄の少ない調査を実施できる。そして、ご依頼者が納得するご報告が多くの調査で実現可能な業務が機能することが望ましいでしょう。
理想的な調査業務を実施することは容易ではありません。理想的な調査を実施し、アフターケアまで全てをやり抜く実力を持ち合わせないで経験を語る資格はありません。「多くの調査実績から得た経験値」があって初めて言葉にすることが許されると言えるでしょう。
もし、あなたが興信所の調査が必要な状況にあって「経験が少ない興信所に大切な調査を任せられるか?」選択を迫られる場面に遭遇したならばどう判断するのでしょうか?
金額が安く設定されている興信所であっても「経験値の低い興信所と調査契約を結ばない」が私個人の判断です。金額の高い安いで仕事の内容が左右する可能性があるならば低料金な興信所の仕事は正直「信頼度合で劣る」と判断されるでしょう。
事実、調査を一つの流れで考えた場合には「調査経験の浅い興信所の仕事は調査をやりっぱなしで終了」という興信所にあるまじき姿勢で業務を実施していると言えます。
尾行して証拠を取得する場面までで調査が終了という考え方は「興信所本位すぎる」と言え、依頼先としては優良と判断できないでしょう。
このように最低限必要な興信所の常識を知らず、興信所としての力量を持っていない興信所には、低額な調査であっても依頼を引き受ける資格がなく、当然のことながらアフターケア等は全くできない現実にあるのです。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。