浮気調査 HOME> コラム> 浮気のケース> 既婚男性と幸せになれるのか

既婚男性と幸せになれるのか


既に結婚している男性を本気で好きになってしまった経験のある独身女性は意外と多いのではないでしょうか。

相手に奥さんがいることを知っている場合もあれば、そのことを知らなかった場合もありますが、 もし知っていて好きになったのであれば、どうなろうとその後のことは完全に自己責任となります。

問題は既婚であることを知らずに好きになった場合、そして相手がそれを隠して交際し、不倫関係になった場合です。

一応、法的な面で言うと、既婚が判明した時点で交際を断った方がよろしいです。

仮に不貞行為(不倫)の証拠を取られて相手の奥さんから訴えられた場合でも、 相手が既婚であることを知らなかった場合は、不貞行為とはならず、損害賠償を支払う必要もありません。

但し、既婚を知らなかったということを証明できなければならないので、 メールで相手男性との「結婚していることを知らなかったので別れる」等のやりとりを記録しておいた方が宜しいでしょう。

しかし、相手のことを本気で好きになってしまい、未練がある、気持ち的に割り切れないという方も多いかもしれません。

既婚でありながら女性と肉体関係を持つ男性の多くはこのようなことを言います。
「妻とは別れるから・・・」
奥さんと別れて不倫関係になった女性と一緒になりたいという意思を見せます。

結婚していると知っても相手が本気で好き、未練がある、という状態になるのは、 相手の言うことを信じている、相手が奥さんと別れれば自分が幸せになれると思い込んでいるからではないでしょうか。

残念ながらそれが実現するケースは少ないと思います。

結婚しているということは、法律上、他の誰とも結婚はできないということです。
その状態で結婚を前提とした交際を他の女性とするという行為自体に信用がおけないと思いませんか?

そしてたいていの場合、相手男性は奥さんと別れることなく、ずるずると不倫関係を続けていこうとします。

では、相手男性が本当に奥さんと別れた場合はどうか?
実際にそうなる可能性はありますが、そもそも相手の奥さんがそうそう簡単に許すはずもなく、その過程で裁判を起こすかもしれませんし、 相手男性に小さな子供がいた場合は、子供がどちらを引き取るかという問題の他、不貞行為や慰謝料関係なく養育費を払っていかなければならないという問題もあります。

男性・女性にかかわらず、結婚していると知っていても相手が本気で好きだから一緒になりたいという人は、 「好きな相手と一緒になって自分が幸せになろうという考えが強すぎる」傾向があると思います。

果たして「私のために別れてくれた」「相手と一緒になれた」という事実だけで、本当にその後の人生を幸せに生きていけるのでしょうか?
一方で相手の配偶者やその子供の人生を変えてしまう、もっと言えば不幸にしてしまう可能性も考える必要があるのではないでしょうか。


調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。