浮気調査 HOME> コラム> 浮気調査について> 既婚者の浮気と浮気調査

浮気の事実に気がつき夫婦関係や家族関係の崩壊を不安に感じているご夫婦は相当数存在しているのではないでしょうか。

多くの方は「なるようにしかならないので自身の日常を全うするだけだ!」とかたくなにパートナーの浮気の事実から目を背けて日常生活を送っていると思われます。

しかし、現実は残酷である場合が非常に多く「既婚者であっても恋愛感情は存在」し「ご自身の御主人や奥様が他の異性に特別な感情を抱く」ことはごく普通な日常的感情と言えるのです。
当然ながら既婚者の浮気は日常的に世間では起こっていると言える事実なのです。

ご自分の不安を打ち消すために「恋愛感情はあっても浮気を実行するかどうか?は別問題である」と考えがちなのではないでしょうか。
この考え方も現実とは異なっていると思え、浮気調査を数多く実施する探偵の本音からすると「外出が多い人物は殆ど浮気経験者」と思って調査を実施している。

日常生活に必要な買い物や催し以外に趣味や友人との飲食事やお茶などの席に出席する機会が多い人物は外出先で「異性からの誘いや誘惑に遭遇する」可能性が非常に高くなると言えるのです。
この現実は否定しようの無い事実であり、誘ってくる異性をどう感じるか?で浮気をしてしまうかどうかとなり、殆どのケースはタイミング次第で浮気をしてしまうといえます。
探偵目線の言葉になってしまうのですが「現実はきれい事では済まない」場合がほとんどなのです。

誘ってきた異性が熱烈なアプローチを実施し「既婚者が過去に経験したことのない恋愛に発展」すれば「浮気相手との将来を考え始める」傾向が強く表れるのです。
独身であっても既婚者であってもこの点においては「浮気相手がパートナーを上回る存在」ならば少々の生活水準の変化に関係なく浮気相手を恋愛対象と認識し「パートナーは過去の存在」と判断されてしまうのです。
このような状況下で家庭内が円満なわけは無いと言えることでしょう。
事ある事にパートナーの言動にいらつきを覚え「一つ屋根の下での生活」や「将来的に夫婦二人きりの生活」など絶対に考えられないと口にすることでしょう。

冷め切った夫婦関係の全てが浮気が原因とは言わないまでも「現状に行き着く過程に浮気が信頼関係を崩壊」させる原因の一つに数えられるケースは多く存在しているのです。
将来的に現在のパートナーである御主人や奥様との生活が現実的ではないとお考えな既婚者には他人事ではない問題と言えるのではないでしょうか。



調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。