浮気調査 HOME> コラム> 興信所について> 恋愛・結婚のための興信所の活用術

失敗しない恋愛や結婚のための興信所の活用術


恋愛関係にある男女の信頼関係は「ある時は脆く、ある時は強固」と言えます。
お互いを信じて裏切らない心情をもった男女ならば「浮気など論外」と一蹴して自身には一切関係ない出来事と考える、 このような考えはある意味「世間知らずで人の本質を知らない考え方」と著者には思えてなりません。

例えるならば一生ひとりの人物を想い続けることが現実に可能か? という問いに世間の皆さんがどのような答えを持っているかと同様な確率のお話しと考えるからです。

どんなに人柄が良い人物であっても「パーフェクトな人柄の人間などこの世には存在しない」と多くの方は思っていることでしょう。
私個人も同感であり「長所と短所あっての人間」と考えています。

恋愛中の人物はこの辺の判断力が大きく欠如する傾向にあり「パートナーである異性を完璧な存在と思い込む」傾向が強いです。
人間が持つ表裏を理解しない人物は「恋愛対象となる異性は全て裏表が無く浮気心など無い」と考えがちですよね。

恋愛関係や夫婦関係などの継続や円満な関係を築く上で「相手の長所も短所も知った上での関係」でなければ長期に渡った関係継続は困難でしょう。
簡単に言ってしまうと「相手を知った上で成り立っている関係」かが最も重要なポイントとなっているのです。

ここで「相手の本質や裏側をどのように知り得るか?」が難関となります。
ある程度の社会性を身につけた大人の男女の本質を見極めることは少々難しいでしょう。
当然ながら「相手に良く見て欲しいという願望から「うわべを取り繕い本質を隠している人物も存在」していることでしょう。

そのような厄介な人物が相手の場合は探偵を雇い浮気調査や素行調査を実施して「あなたが知らない情報を得る」こともひとつの選択肢であります。

世間でよく耳にする離婚理由や夫婦の不満などの言葉に「性格の不一致」や「基本的な価値観の違い」などが多く上げられますが 「まさにこれらが相手を知っていない証」なのです。
結婚以前の交際期間中に相手の本質や癖などを理解していないまま婚姻関係を結んでしまう男女に 後々かならず訪れる「相手に対する不平不満」がパートナーを理解していない状況といえるでしょう。

交際してから相手の人間性を一から理解していたのでは「失恋が多くてたまったものではない」状況に陥ってしまうので、 知人で一緒の時間を共有している段階で「大まかな人間性」や「生理的に受け付けない癖や言動」が無いか?くらいは事前にリサーチしたいものです。
こうした地道なパートナー探しには探偵が必要な場合もあり探偵活用術としてはベストなシュチュエーションと考えられ、 より良い恋愛や結婚に結びつく近道なのと考えられます。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。