浮気調査 HOME> コラム> 浮気調査について> 浮気調査のクオリティー

興信所の浮気調査に必要なクオリティー

興信所が実施する浮気調査の多くは「御依頼者が離婚を望み配偶者の浮気が原因で離婚する証拠を残す」ために実施される浮気調査が もっともポピュラーなカタチであると言えます。
離婚が前提の浮気調査はまとまった期間や日数を要し高額な調査費用が必要となります。

あらためて言うことではありませんが「離婚には幾つかの種類」が存在します。

皆さんご存知な離婚を順番に上げてゆくと協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚と 「浮気調査で取得した証拠はどのような離婚のカタチに発展」しようとも通用するものが「ベストな興信所による浮気調査」と言えます。
当然ながら興信所の浮気調査で重要なポイントとなることは「明確な浮気の証拠を定期的に複数回残す」ことと言えるでしょう。
このクオリティーが保てていない浮気調査は訴訟に通用するレベルに無いと言えます。

言い換えると「浮気の証拠が複数回無い」場合は「浮気相手が浮気が原因で離婚という事由を認めない」ことも充分に考えられるのです。
この状況からは浮気による精神的苦痛の慰謝料請求にも応じないでしょうし「浮気が離婚原因では無い」とかたくなに主張を続けられることでしょう。

浮気相手との継続的な浮気の証拠は御依頼者にとって優位なアドバンテージとして判断されます。
浮気調査において如何に重要なポイントであるかご理解いただけることでしょう。

浮気の事実確認が出来る証拠として上記以上のものが存在するならば「浮気の当事者が浮気を認める」以外には考えがたいと言えるのです。
興信所がお引き受けする浮気調査のケースバイケースのお話しになるのですが御依頼者が対峙している案件によっては 「浮気の証拠取得が困難なケース」が実際には存在します。
当然、いかに浮気調査を実施する人間が優秀な調査を実施できたとしても不可能な状況はあるのです。
このような調査案件は事前に「難易度が高く浮気の証拠取得が困難になる」と御依頼者にご説明し浮気調査を継続するかの判断を仰ぎます。
正直に状況報告し依頼者が望む方向性で浮気調査を実施しなければ後々トラブルに発展すると言えることでしょう。
興信所本位な浮気調査は御依頼者にとって有意義な調査とならない場合が数多く、御依頼者目線での浮気調査が実施されない興信所は優良では無い可能性が高く、 一生の大事になるやもしれない浮気調査を任せるパートナーとして相応しくない可能性もあるのです。

以上のような事柄に留意して「離婚を前提とした浮気調査」は実施され興信所の浮気調査のクオリティーが 御依頼者の納得や満足に大きく関わっているとご理解いただけることでしょう。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。