浮気調査 HOME> コラム> 浮気調査について> 浮気調査の必要性
浮気調査の必要性

浮気相手と思われる異性との親しいメールのやりとりや親しげに撮影した2人の写真が保管されてあったとか、貴方や友人が配偶者と異性が親しく腕を組みながら歩いていた、2人で親しげに食事をしていたとか、配偶者のバックやポケットに避妊具やラブホテルのポイントカードが入っていたなどの状況を見たり、見掛けた場合、まず、浮気をしている事はほぼ間違いないかもしれません。

しかし、この状況だけで相手に問い詰めてもほとんどが浮気を認めることはまずありません。
むしろ「信用していないのか」とか「いろいろと人の物を勝手に探って」と逆に切れられたりします。
また、まずい事に配偶者は貴方に対して嫉妬心や猜疑心が強すぎるとか虚言癖があるとか、貴方を精神的に追い込む人も中にはいます。

問い詰めたい気持ちもわかりますがここはグッと我慢して興信所という専門家に浮気調査をしてもらいしょう。

絶対的な証拠も無いまま問い詰めてしまうと更に悪い事に貴方に感づかれたと知った配偶者は浮気相手と会うのにも警戒してしまい、多少期間を開けたり、密会するにも細心の注意を払う行動を取りますので調査日数が増えてしまう事も充分に考えられ、結果、調査料金のご負担にも少なからず影響を及ぼしてしまいます。
浮気をしていると感じたら問い詰める前に興信所に浮気調査を依頼して、きちんとした確たる証拠を押さえましょう。

浮気の証拠となるのは「不貞行為の事実」です。
この浮気の証拠を押さえることは一般人である人には到底できる事ではありません。

顔を知らないプロの興信所スタッフや探偵でも1人では尾行、張り込みなどが中心業務となる浮気調査は行いません。
必ず数名でチームを組み調査を実施します。
まして顔を見知っている配偶者や友人などの素人が1人で調査の真似事をしても簡単にばれてしまったり、見逃したりと絶対に上手くいくはずはありません。
確たる証拠さえあれば離婚する、しないにかかわらず、慰謝料を請求する、しないにかかわらず、全てが貴方にとって優位な立場で話が進むことはご理解頂けると思います。

その確たる証拠を集めるのはプロの興信所が実施する浮気調査しかありませんので絶対的に必要なのです。

分単位の浮気調査報告書に写真や映像を添付したもので完璧な証拠物件として裁判でも有効な証拠となりますので安心して御依頼下さい。


調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。