浮気調査 HOME> コラム> 興信所について> 興信所と御依頼者様との信頼関係
当興信所では、調査を行うにあたり、まず御依頼者様との信頼関係を築くことを最優先に行っております。
ご相談時には御依頼者様の抱く不安や疑問をできるだけ解消していただけるよう努めております。
また、事前に担当者が打ち合わせにて提案・見積もりを行い、法律で定められた契約書面の交付・重要事項についての説明を実施し、当然のことですが、御依頼者様との合意を形成した上での調査契約締結を実施しております。

加えて調査進行中も御依頼者様と連絡を取り合えるよう担当者を用意し、調査状況のご報告や状況からの新たなご提案などもさせて頂いております。
これは同業他社の話ですが契約した際の担当者と調査実施中に連絡が取れなくなったりするケースもよくあると聞いております。
これでは信頼を築くどころか不信感が芽生えてしまいます。
当興信所ではそのようなことはございません。

更に当興信所では御依頼者様との信頼構築にあたり、後払い制の料金体系を基本としております。
調査自体に自信を持っていることはもちろんですが御依頼者様を全面的に信用することが信頼関係の構築には絶対的な条件と思っているからなのです。

浮気調査、不倫調査などの素行調査では時間料金制として5時間の調査であれば5時間分、8時間の調査であれば8時間分の調査料金を調査終了後でご請求させて頂いております。
その他の調査でも殆どが後払い制ですが成功報酬制の一部の調査(家出調査、行方不明調査などの所在調査)では最初に経費分として着手金を前金として頂く調査もございます。

ご相談時にこの点はきちんとご説明させて頂きますし契約書にもきちんと記述致しますのでご安心下さい。
但し、探偵業法に記載のある”調査の結果が、犯罪行為や違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知った時は、調査をしてはならない”という文言に該当する調査はお受けできません。
仮に調査途中であっても虚偽が発覚した際には調査を打ち切り、それまでの料金はご請求させて頂きます。
「差別に関する調査」「DV被害者の所在に関する調査」「ストーカー行為の被害者に関する調査」等が該当し、これらは違法調査となります。
また、俗に言う「別れさせ工作」「復縁工作」「恋愛工作」等について当興信所では一切行っておりません。


調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。