浮気調査 HOME> コラム> 興信所の選び方> あなたを助ける興信所の選び方

浮気調査なら当興信所へ


当社は浮気調査を行う興信所です



当興信所は、ご相談に来られた依頼者様を「家族」の悩みとして対応しております。探偵業界に不安や不信感を抱いている方も少なくはありません。でも、そのお考えを成果で覆してみせます。私どもは「配偶者の浮気や不倫困っている人や悩んでいる人のお力になりたい」その気持ちを大切に考えております。長年興信所を経営してきて、たくさんのドラマをみてきました。どんなときでも、依頼者様と同じ気持ちで解決を見守ります。別離に至る場合もありますが、浮気の早期発見でお互いが許し合い以前より深い愛情で生涯を共に生きていく事を誓い合うご夫婦もたくさんいます。一件一件の調査が心に残るものです。人としての温かさを調査にいつも込めています。家族の悩みは家族で解決する事と同じです。当興信所は、依頼者様を家族ととらえています。興信所の業務は、生半可な軽い気持ちではできません。甘い世界ではありません。強い使命感を持って調査に臨みます。洞察力と体力、気力と精神力必要です。慎重に丁寧に調査に取り組み、早期に信頼ある結果をお約束いたします。

興信所の浮気調査や不倫調査、素行調査他に多額の費用を支払った経験がありませんか?
心ある良心的な興信所では、依頼者様に高額な無謀な調査料金の請求は決してしないものです。
・費用の透明化。料金トラブルはお互い避けたいものです。
・低料金の中で充実した調査内容。報告書が違います。
・ベテラン探偵は、推移力が優れています。当興信所には、過酷な研修終了者のみ。

興信所の調査の料金には、統一した料金制度はありません。それぞれ調査案件には、違いがあります。調査の目的も条件も違います。調査に入る前には必ず料金の見積りをお願いすることです。また、料金体系を統一化することも独占禁止法の違反なのです。目安の料金を表示、それを指導するような事は決して許されてません。

興信所が今抱えている問題は依頼者の秘密厳守です。対象者のプライバシーも守らなければなりません。2007年6月に施行された探偵業法では、「人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければならない」と規定されています。調査契約を締結する際には依頼者様から「調査利用目的確認書」(調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面)の交付を必ず受ける義務があります。探偵業法、その他法令に違反する内容の業務遂行を受任禁止。確実に過去の興信所とは、業務の質が変化しています。安心してご依頼ください。家族を見守るように最後まで責任ある調査をお約束します。

詳しくは、お電話やメールでお問い合わせください。
調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。