花粉探知機

 私は小学校4年から花粉症になり現在、不惑を過ぎても改善される事がない。症状が酷かった頃は中学高校時代であり「体力がある」イコール免疫力が高く花粉に対する体内の拒否反応も症状的に強かったと感じている。

30代から現在までは花粉症の症状も安定して「対応策」も年々定着している。

具体的な処置は「就寝前に予防薬」を摂取し、朝食後にもう一度予防薬を飲む。外出時はメガネを装着し「花粉症目薬」を携帯しかゆみに応じて点眼する。

今年は2月27日に私の身体の「花粉探知機」(鼻水)が異常に出始めた。

キーボードに向かっている今現在も「ボー」とした不快感はあるが概ね問題なく生活をしている。杉花粉がおさまる4月いっぱいまでテンションはやや低空飛行である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)