将来を見据えた8%

 消費税の増税が決定的になった。安倍首相はテレビ画面のなかで「高齢化社会の医療費と長期的社会保障」の改善を訴え増税に踏み切ると。政治とはタイミングが非常に大事だと思う。

アベノミクスやオリンピック招致で世間の風潮はまずまずといった感。

このタイミングを逃せば「現実を見据えた政治」決断のタイミングを逃す事になるだろう。

総体的に見て、有言実行の出来る政治家で自信に満ちた表情が印象的だ。

 

 

 

韓国経済に暗雲

 先日、世間を騒がせたニュースの中にドコモのiフォーン販売開始の話があった。

国内のスマホ製造メーカーには驚異であるとの大方の予想。その驚異は日本に留まらずお隣「韓国」にも影響が懸念されている。

韓国の大手電子メーカー「サムスン」。同社の営業利益の三分の二がスマホ部門の収益であるとのこと。韓国の国内総生産の役2割をサムスンが占めているだけに今回のドコモによるiフォーン販売開始は大きな経済事件になりかねない。しばらくの間は携帯電話販売業界の動向から目が離せない。

 

 

 

omotenashi no kokoro

 日本人の感性におもてなしの心が古くからある。

海外から見れば「日本人特有」の気遣いの精神にあたる。

日本の歴史・文化に精通している方には当たり前であっても、他人に必要以上に親切や施しを受ける行為に違和感を感じる方も。

 

オリンピック開催までの大きな課題は「物理的な利便性」を海外の来客にアピールすることよりも日本人本来の「omotenashi」の心をいかに具現化しサービスにつなげるか?にかかっている。

移動手段の表記方法や道路標示・ネット上の地図の改善点などなど・・・・言いだしたらきりがないほどやるべき事は山積している。

滝川クリステルさんの言動に改めて感謝しつつ、古来からの「日本人の心」を再確認したい。