HOME> コラム> 興信所の調査について> 探偵・興信所の調査力
探偵・興信所の調査力
興信所が実施する浮気調査の多くは、御依頼者が離婚を望み配偶者の浮気が原因で離婚する証拠を残すために行われます。

この場合、あらためて言うことではありませんが、浮気問題の結末には幾つかのケースが存在します。

調査で取得した証拠がどのようなケースに発展しようとも、全てに通用するものがベストな浮気調査となります。

つまり、重要なポイントとなるのは「裁判で通用するような明確な浮気の証拠を複数回残すこと」になるでしょう。

この調査力が保てていない場合は訴訟に通用するレベルに無いと言えます。

調査力を考える上での探偵・興信所のメリットとは?

①ご自身が動くことなく、情報・結果が得られる

ご自身が動くことによって、

  • ・尾行や調査が対象者に発覚する
  • ・発覚した場合、誰が調べたかが本人にわかってしまう
  • ・対象者が動く時間にあわせなければならない(浮気調査・素行調査など)

  • 上記のようなリスクやデメリットが発生します。

    例えばご自身で浮気調査を行った場合を例に挙げてみます。

    浮気調査では当然自ら配偶者を尾行することになります。

    実際に尾行してみるまではわからないかと思いますが、最初から最後まで尾行相手に姿を見られずに尾行・張り込みを行えるケースというのは実はそれほど多くはありません。

    配偶者を尾行・張り込み中に姿や顔を見られると、高確率で尾行が発覚してしまいます。浮気・不倫をしている人は、自らの配偶者の目を真っ先に警戒しますので尚更のことといえます。

    また、自らの時間を使って尾行・張り込みしなければなりませんが、その時間は相手に全て合わせなければならなくなります。

    浮気調査や素行調査など尾行・張り込みを用いるものだけでなく、聞き込みや情報収集の過程でも調査発覚のリスクは存在します。

    調査は興信所が対象者との関係を持っていないからこそ成立する部分もあります。

    また、守秘義務により秘密は守られますので、御依頼者の情報が漏洩することはありません。

    ②探偵・興信所は調査や情報収集において特殊な技術・方法を持っている

    興信所は御依頼者の代わりとなって動けるだけでなく、尾行・張り込みを用いる浮気調査や聞き込み・情報収集の技術、ノウハウを持っています。

    技術やノウハウは、興信所が長年営業を続けていく上で蓄積し、現場を担当する調査員が積み上げた訓練や経験から成り立っています。

    このような技術やノウハウがあるからこそ、高い成功率で調査を行うことができ、探偵や興信所は調査のプロであると言えるのです。

    プロの興信所による本当の浮気調査

    浮気調査は「浮気を行っている人物を尾行し浮気の証拠を取得する」調査と殆どの方は理解されている事でしょう。

    勿論正解ですしそれ以下はない答えであるとも言えます。

    現実に実施される行為を説明するならば良い答えなのですが「プロの興信所」の答えとしては不正解と言えるのです。

    プロの興信所が認識する「浮気調査の全容」は上記とは異なります。

    ここでお話ししている浮気調査の結果とは「浮気相手とパートナーが何を求めて浮気しているか?」を調査結果として得る調査の事であり、単発的に浮気の現場を撮影する行為とは違います。

    興信所としての技量が高く無ければ得られない浮気調査の結果と言えますし、浮気調査の対象者がとる行動から見え隠れする本心に行き着く浮気調査を実施できるか?が重要であるということです。

    探偵業は届け出一つで起業できる職業であるため、探偵のイロハを理解していないであろう業者が増えてきている現状にあります。

    相談・依頼している興信所はプロの調査力を持っているのか?

    安価で調査行程ばかり気にした浮気調査によって「浮気問題の根本的解決に直結しない事実」にお気づきになるかもしれません。

    どのような職業でも「本当のプロは安すぎる仕事はしない」のが現実です。

    あなたの直面している浮気問題を安価でプロではない興信所に任せることに抵抗を感じませんか?選択を決定するのはあなた自身なのです。

    調査依頼の流れ
    お電話での相談
    自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
    調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

    お電話: 0120-08-1119
    面談でのご相談
    実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
    >>調査料金はこちら
    調査のお申込み
    調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
    調査開始
    調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。