浮気相手との将来

浮気が本気に発展し「実生活を投げ出し浮気相手との将来」を選ぶ。この行為に待ち受ける結末が「現在以上の素敵な家庭」であるか「想像と違う現実」であるか誰にも予想不可能である。ただ確かなことは「必ず失うモノ」が存在し「賭」であると言うこと。

浮気相手との熱愛の末にたどり着いた生活が「以前の生活」を超える幸せなもので「過去に残してきた未練」以上の幸せを手に入れる人物は極少数である。よっぽど以前の生活が酷く「周囲からも離婚を勧められる人物との生活」ならば話は別だが、以前の生活が何不自由なく豊かな生活だった場合には「恋愛の熱に犯されて考えが足りなく」なっていると周囲には判断できる。

浮気や不倫相手と思い描く生活は「無い物ねだり」の感情が生み出す想像上の幸せである。現実に飛び込んでゆくにはハイリスクな場合が殆どと言って良い。

ここで否定的な物言いになる理由は失うものが存在する時点で既に「ハイリスク」である事実が明確であることに基因している。

浮気相手に熱を上げて大切な事を見失った人物の判断は「恋は盲目」と同一な状況下であることが理解できる。

 

探偵が必要な場面 浮気編

ご自分で御主人の浮気の証拠をとる方は存在し、仮に成功すればお金をかけずに「御主人に浮気を認めさせる」材料となる。しかし、御主人の浮気相手である女性に責任を追及するには単発な浮気現場では証拠として薄い傾向が強いといえる。少なくとも「複数回不貞の証拠」が必要になり、「誰もが認める証拠が必要」となるのである。奥様が複数回にわたり「御主人を尾行」する行為は現実的に「極めて困難」といえ、エレベーターや規模の小さな店舗を利用した場合を想定していただければ理由はご理解いただけることだろう。

探偵が必要とされる最たる場面は「複数回にわたる浮気の証拠を撮る」という現実的な場面が存在するからである。

どんなに奥様が変装や化粧が得意であっても至近距離での風貌まで変化させられることは現実的ではなく「もし、浮気を疑って尾行」が御主人に認識された場合には、プロの探偵に依頼しても「時間と費用が」必要となる悪循環がまっている。

このような悪循環はかえって「浮気の証拠」の取得に費用と時間のロスを招く可能性が高く「運良く想定通り」に事が運ぶことは希といって良いだろう。

探偵が必要な場面

探偵が必要になるケースとはどのようなシュチュエーションか考えてみた。

・親族が家出して音信不通になり「命の危険」を悟った場合には早急な手段として「警察に捜索願」を出した上で探偵に所在調査依頼。

・仕事上で軽率な判断により悪意の業者に騙され負債をかかえてしまい「トラブル相手の実態や悪行の証拠」を調査する。

・結婚を決意した相手の人柄がイマイチ信用できないので結婚調査。

・交際相手の異性交遊が気になり実態をしるべく素行調査。

・新居購入を考えているが「購入先にモンスターご近所さんが存在」していないか?事前に聞き込み調査を行う。

・ご自分の勤務先内の派閥に関わる素行調査。

・ご自分が経営する会社の従業員に関する調査。

・ヘッドハンティングしたい人物の事前調査。

・取引先に多額の債券があるが逃げられてしまい主要人物の所在調査を依頼。

・新規取引先の実態を調査し取引先としてふさわしい会社か判断材料が欲しい。

・既婚者の浮気調査。

以上が探偵により調査を実施するケースとなるシュチュエーションであり、最も探偵の調査が必要となる場面である。

情報社会と調査

世の中の情報は現代社会において「デジタル管理」が主流になっている。クラウドコンピューティングなどに代表される最新の管理システムは従来の情報保管システムとの差が天地ほどあるといえ技術の進歩が如何に高速でおこっているのか驚かされるばかりである。

提供される利便性の高品質さや、従来の情報量を凌駕するコスト削減に基づく情報処理能力は「情報社会の最先端」といえる。

身近なPC作業の中にもこうした技術による恩恵は存在し現代人の生活を豊かにしている。探偵は最先端の技術を導入した調査が求められる業種といえ、最新技術がどのような利点を持ち「利用価値が存在」するかの判断が必要である。

アナログな調査が実施されていた十数年前から現代の調査レベルは想像できなかっただろう。携帯電話がこれほど多くの利用者を獲得することも予想をはるかに上回っている現実である。

将来的に現実に起こり得ないと考える「未来像」が近い将来やって来ている。

おそらくではあるが探偵が行う調査も「スマホとwifi」の組み合わせにより「より高度な調査」が実現可能になる兆しがある。何気なくスマホをいじっているように見えて「実際には浮気現場や不正現場を撮影」となりうるのである。

私がその時、老探偵として活動しているかは見通し不能ではある(笑)

探偵は信用が命

探偵は御依頼者から信用されなければ「業務がスムーズ」に運ばない職業である。信用されない探偵は「多くの調査前情報」を依頼人から与えてもらえない傾向があり「きちんと調査する探偵か?」品定めされる。

細かな情報や判断を依頼人に提示し「あっ・・・この探偵は大丈夫!」と初めて信用される。

この時点が「本当の意味での契約成立」といえるだろう。探偵が依頼人に初めて信用された瞬間なのだから。

このように疑いの目を持った依頼人は多く、探偵は調査や仕事内容で「信用」を勝ち取らなければならない。信用される前に「いい加減な対応」が露呈する探偵は当然ながら「調査を実施」する前に契約を白紙にされることだろう。

大切な事は「探偵は信用が命」であり何気ない調査に関わる判断や認識であっても「依頼人に対して誠実に説明し理解していただく」努力をおしまないということである。