探偵が必要な場面

探偵が必要になるケースとはどのようなシュチュエーションか考えてみた。

・親族が家出して音信不通になり「命の危険」を悟った場合には早急な手段として「警察に捜索願」を出した上で探偵に所在調査依頼。

・仕事上で軽率な判断により悪意の業者に騙され負債をかかえてしまい「トラブル相手の実態や悪行の証拠」を調査する。

・結婚を決意した相手の人柄がイマイチ信用できないので結婚調査。

・交際相手の異性交遊が気になり実態をしるべく素行調査。

・新居購入を考えているが「購入先にモンスターご近所さんが存在」していないか?事前に聞き込み調査を行う。

・ご自分の勤務先内の派閥に関わる素行調査。

・ご自分が経営する会社の従業員に関する調査。

・ヘッドハンティングしたい人物の事前調査。

・取引先に多額の債券があるが逃げられてしまい主要人物の所在調査を依頼。

・新規取引先の実態を調査し取引先としてふさわしい会社か判断材料が欲しい。

・既婚者の浮気調査。

以上が探偵により調査を実施するケースとなるシュチュエーションであり、最も探偵の調査が必要となる場面である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)