気持ちの変化

 恋愛をしている人物は「気持ちの変化が服装に現れ」やすいと言える。

男性女性に共通して言える傾向にあり、年齢も関係なく気持ちと服装は関連性が高く、探偵の仕事上「服装を記憶」する事は必要最低限・初歩の初歩・基本中の基本事項である。これが出来ない方は「探偵は出来ない」と断言できる。

夜間に調査対象者が一瞬で女性と合流し「あっと言う間にタクシーに乗車」する場面でも「合流した女性の年齢・服装」を記憶しなければならない。しかも撮影しながら当方もタクシーを拾う作業を同時進行しながらである。

探偵は本当のところ「能力が問われる職業」であると考えている。上記の動作をこなせる人間は限定される。向き不向き以前の問題であり、「出来なければ続かない職業」が本当のところだと考える。厳しいと思われる方も多いと思うが「依頼人のニーズ」を考えれば当然の基準と言える。

話がそれたが「対象者の行動」は服装に表れる事が多く、想定されるケースも複数存在し最悪の行動パターンも容易に想定内にあり調査は実施されている。

車輌の必要性があれば調達し「最悪の行動パターン」に備える。

対象者の服装(気持ち)一つで調査方法や調査に必要なアイテムも変化し状況判断が変化する。迅速丁寧な対応が可能な探偵は優秀であり経験豊富と言え依頼人の期待を裏切らないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)