強い思い

探偵に調査を依頼する依頼人には「強い思い」がある。

「強い怒り」や「強い嫉妬」などが依頼人の感情の多くを占めて「探偵に案件を依頼」する経緯が存在している。調査経緯や調査結果を無視した調査も中には存在し「依頼人の感情」が前面に出ている事が簡単に理解できる。

「人の念」というものが現実に存在するならば領域的にはそちらよりな感がある。

執念・怨念・疑念などの言葉を並べると少々「怖ろしくなる」感覚になるが探偵に依頼する依頼人達には少なからず感情の中に上記の要素が存在し「対象者を・・・」と考えているように感じてしまう。

先輩探偵の口癖である「探偵は人の不幸に立ち会う職業」が脳裏によぎり、依頼人の感情を浄化する「納得する調査」が行えなければならないと思いにふける秋である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)