情報社会と調査

世の中の情報は現代社会において「デジタル管理」が主流になっている。クラウドコンピューティングなどに代表される最新の管理システムは従来の情報保管システムとの差が天地ほどあるといえ技術の進歩が如何に高速でおこっているのか驚かされるばかりである。

提供される利便性の高品質さや、従来の情報量を凌駕するコスト削減に基づく情報処理能力は「情報社会の最先端」といえる。

身近なPC作業の中にもこうした技術による恩恵は存在し現代人の生活を豊かにしている。探偵は最先端の技術を導入した調査が求められる業種といえ、最新技術がどのような利点を持ち「利用価値が存在」するかの判断が必要である。

アナログな調査が実施されていた十数年前から現代の調査レベルは想像できなかっただろう。携帯電話がこれほど多くの利用者を獲得することも予想をはるかに上回っている現実である。

将来的に現実に起こり得ないと考える「未来像」が近い将来やって来ている。

おそらくではあるが探偵が行う調査も「スマホとwifi」の組み合わせにより「より高度な調査」が実現可能になる兆しがある。何気なくスマホをいじっているように見えて「実際には浮気現場や不正現場を撮影」となりうるのである。

私がその時、老探偵として活動しているかは見通し不能ではある(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)