ワイドショー

 世間の注目は「STAP細胞」論文に関わる問題に集まっている。

STAP細胞が発見され注目を集めていた頃と現在で「態度が違う人物」がいる事にお気づきだろうか?私は専門家では無いので「事の真相」は専門外である。しかし、職業柄気になり始めると止まらない傾向が強い。

真逆なスタンスで小保方さんに接している人物は「手のひらを返す」と言う言葉がピッタリの状況で公の場で発言している。記者会見での小保方さんが「確認したい」と言っていたが「問題が取りざたされて連絡を取り合っていない」状況は不可解に思うのは私だけだろうか?

世間や調査委員会が研究ノートに注目しているが根本的な問題はもっと別にあるように思えてならない。「その人物と小保方さん」が気がかりな今日この頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)