予言

 過去に予言者による「予言」が様々あったと記憶しているが殆ど当たらずに現在にいたっている。有名なところでは第三次世界大戦が2015年に起こるなどが最近の予言である。

昨今の世界情勢から判断して「核戦争」や「世界大戦」規模の戦争が起こりうる可能性はないように思う。しかし、この度の憲法改正問題や領土や資源を巡る近隣諸国との緊張を考慮すると100%とは言い難い。

近い将来、資源をめぐる国家間の戦争を危惧する声は少なくない。

民族間や宗教間の紛争とは違う理由から起こるだろう争いは過去の大戦でも大きな理由となっている事実なので否定する事は出来ない。避けて通れない争いが起こる事は誰しも予想出来ている。過去の戦争のようにシナリオが描かれていたならば「憲法改正」もシナリオの一部なのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)