疑わしい行動

怪しい行動をとる人物は仕事でもプライベートでも周囲の人物から疑われる。当然、周囲に「何で?」との考えを抱かせる行動をとってしまった結果である。仕事上のルール違反や不正を犯す人物は普段から「おや?この人感覚が常識外れ・・・」などの場面に出くわす。世間ではこのような人物が「要注意」であり、普段から注視する必要性をもたれる。

探偵のなかにもこのような「疑わしさ・怪しさ」をもった人物は存在している。

探偵業を長く続ければ「怪しい探偵に依頼」してしまった依頼人からの「再調査」を引き受ける機会が少なくない。

雰囲気だけが怪しいならば「探偵の容姿」に問題点があるのだと想像がつくが、「行った調査に疑問」が残っては話が違ってくる。報酬にみあった調査であったのか?きちんと同じ状況が実際の調査で起こるのか検証しなくてはならない。

調査能力が低く探偵に憧れて起業した「結果を出せない探偵」に多い怪しい調査は「再調査」により事実確認が行え「もっと情報が得られるか?」の判断も下せるメリットがある。もし、過去に行った調査に納得がいかない場合は気軽に相談し問い合わせていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)