想定外な調査結果

 調査を実施される御依頼者の殆どは、ご自分にとって「ベストな調査報告」を期待し調査に着手される。探偵は御依頼者から得た情報を基に「無駄のない調査方針」を提案し実施することと思う。

スムーズに調査が進行しても「想定していた結果報告」では無いケースも多く存在し、現場で調査を行っている探偵達も驚かされる場合がある。

ここで調査に直手する以前に御依頼者から得た「情報」が調査報告に大きく影響している場合が存在することに探偵達は気づく事ができる。情報の中に「調査結果を暗示」する情報があった場合「異なる調査報告」が想定できる。過去に扱った「調査が豊富」で「経験値高い」探偵が担当したならば「報告を知って落胆」する依頼人の心情も和らげることが可能だろう。

御依頼者の心情や落胆を想定した「相談や打ち合わせ」が普段から重要であり、御依頼人にとって有能な探偵とはそんな一面も兼ね備えていなければならないと考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)