判明率

 探偵に調査を依頼し調査結果が100%満足のゆく結果ならばベストな調査と言えるだろう。御依頼者は頼んで良かったと思い、悩みやトラブル解決に近づいたと言える。

調査の種類によっては希望に適わない「結果」が報告として行われる場合も存在している。所在調査を例に上げると理解しやすいのだが、所在の判らない人物の「居住先」を知りたい場合にベストと思われる手法を「調査方法」として選択し調査に着手する。

尾行により対象人物の帰宅先が判明すれば確実に「居住先」となるが、データや過去の情報を基に「居住先」を調べた場合には「必ず居住」しているかは未知数な場合が存在するため「100%の判明率」とは断言できない。

例としては「実家で各種届け出」をしているが、実際の居住先は「勤務先の寮などがケースとしては理解しやすいかと考える。このように「調査方法」で確実性が異なるので、相談や問い合わせの段階で「探偵に確認」する事が後々トラブル防止にもつながるため望ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)