探偵は信用が命

探偵は御依頼者から信用されなければ「業務がスムーズ」に運ばない職業である。信用されない探偵は「多くの調査前情報」を依頼人から与えてもらえない傾向があり「きちんと調査する探偵か?」品定めされる。

細かな情報や判断を依頼人に提示し「あっ・・・この探偵は大丈夫!」と初めて信用される。

この時点が「本当の意味での契約成立」といえるだろう。探偵が依頼人に初めて信用された瞬間なのだから。

このように疑いの目を持った依頼人は多く、探偵は調査や仕事内容で「信用」を勝ち取らなければならない。信用される前に「いい加減な対応」が露呈する探偵は当然ながら「調査を実施」する前に契約を白紙にされることだろう。

大切な事は「探偵は信用が命」であり何気ない調査に関わる判断や認識であっても「依頼人に対して誠実に説明し理解していただく」努力をおしまないということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)