勘違いと誤算

 調査を実施する過程で得られる多くの情報は「欲しい情報」にたどり着く材料になる。調査方針が堅実であれば「最小限の費用と日数」で満足のゆく調査報告となる。

何が重要な情報で「主体とし調査を進行」するかが要である。

ここで問われる「情報を読み取る力」(各種情報源を正確に理解)能力が調査を実施する調査人達の優劣を左右する。

情報源が何を提示しているのか理解出来なければ「勘違いや誤算」を生みだし無駄な調査時間を費やす原因となる。

時には仮説から論理立てる調査方針も有効と思うが「事を急いだ調査」にはリスクがつきもので「依頼人の不安」につながりかねない。

基本に忠実な調査方針プラス「先を見越した行動」が「依頼人を納得と安心」に導き調査人との信頼関係が生まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)