浮気疑う理由

 過去の御依頼者の多くは浮気を疑う理由や根拠があり相談や調査依頼に足を運ばれている。最も多い浮気を疑う理由は「生活の変化」と断言できる。

一緒に寝起きを共にし食事をとっている家族環境ならば生活の変化に気づく事に時間を要さない。しかし、恋人や婚約者などの「同居」していない人物の生活の変化に気づく事は困難と言える。

決定的な浮気を疑う「根拠」である「メールや連絡の痕跡」などが存在していれば話は別なのだが単身者の生活を把握し嘘を追求するには「ある程度の日数と時間」が必要不可欠である。例えるならば「婚約者の日常生活に疑念」がある方が結婚前に「素行調査を2・3日」行った程度では「真実の姿や行動」を調査結果として得ることが難しいのである。

婚約者や恋人が夕方仕事を終えて「誰と何処ですごしているのか?」不安をお持ちの方は「外出している曜日や時間帯」を何気なくリサーチする事が重要な第一歩と申しあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)