HOME> コラム> 興信所の調査について> 興信所に調べられたくない

興信所から調べられたくないという人もいる

いくら興信所がきちんと守秘義務を守っているからといっても、勝手に自分のことを調べられたくないという方もいらっしゃることでしょう。

職業、趣味、行きつけの場所、交友関係など、知られたくないことは誰にもでもありますし、勝手に調査されたらほとんどの方が気分を悪くします。

ただ、興信所では相手にバレないようにこっそりと調査を行い守秘義務を厳守していますので、自分が調査の対象になっているかを知ることは難しいのが現実です。

調査の依頼者からあなたのことを興信所で調べたと直接言われない限りは基本的にはわからないのです。

そもそも興信所とはどんなことを行っている会社なのか

興信所とはお客様から依頼を受けて調査業務を行う調査会社であり、調査の内容に関しては興信所によっても異なりますが、個人信用調査、企業信用調査、結婚調査など、さまざまなお客様の依頼に応えています。

近年では、浮気調査の依頼が特に増えているともいわれています。

パートナーが浮気しているかもしれないけど自分で調べる勇気がない、結婚相手としてふさわしい人物かこっそり調べたいという方は、興信所に相談してみるとよいでしょう。

探偵事務所でも、浮気調査や結婚調査や素行調査など、興信所とほぼ似たようなことを行っています。

そのため、興信所と探偵事務所の両者には、業務上においては大きな違いはありません。

どちらであっても守秘義務があり、依頼者のことや調査で得た情報を公開するようなことは行ってはいません。

興信所が調査を行うことはプライバシー侵害になるのか

興信所が、こっそりと浮気調査などを行うことは、個人情報保護法違反やプライバシーの侵害となるのでしょうか。

基本的に興信所が行う調査に関しては、法律違反とはなりません。

興信所や探偵事務所は、各都道府県にある公安委員会に届け出を出してから、法律で定められている範囲内において、調査業務を行っています。

違法な調査を行わない限りは法律違反とはならないため、勝手に調べられたとしても興信所には全く問題はないということになるのです。

興信所から正当なやり方で浮気調査や信用調査などを受けたとしたら、相手を訴えることはできないということになります。

興信所が行ってはいけない違法な調査とは

相手の部屋に盗聴器を仕込むことや隠しカメラで盗撮をすることなどは興信所が行ってはいけない違法な調査となります。

また、GPSを相手の車や持ち物に設置して居場所を特定したり、オートロックマンションに無断で侵入して郵便受けをのぞいたりも禁止されています。

もしも、このような違法なやり方で興信所から調査を受けた場合には、興信所が罰せられることになります。

興信所による違法な調査で不快な思いをした場合や被害を受けた場合には、速やかに弁護士など法律に詳しい信頼できる人にご相談されたほうがよろしいでしょう。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。