婚約指輪

結婚相手を調べる重要性

人生における最大の大切なイベント。「結婚」とは、誰もが夢見る瞬間です。良縁に恵まれ幸せな生活が送れることは結婚の本望です。

興信所の結婚調査は身上・身元調査の一種です。事前に不明な事、不安な事などをお調べし、お相手や家族が自分にとって本当に適している状況なのかの真実を知っておく事は、結婚生活を営む上でとても重要な事です。

興信所新宿アーガスにおいてもご本人またはご家族の方からご相談を頂いております。

事前に気が付いていれば防げる問題です。深く悩まれる前に興信所にご相談ください。大切な財産だけでなく、結婚後の人生そのものまでも失ってしまいます。

結婚調査で何が調べられるか

結婚調査はお相手の生い立ちや近隣等での風評(人柄・性格・素行等)を掌握する事を主に目的としていますが、興信所における一般的な結婚調査のご依頼の多くはご結婚相手だけの問題だけでなく、そのご両親、ご兄弟など相手家族を含めた範囲の結婚調査を望んでおられます。
真実を知ることで不安な気持ちも解消されます。

また、宗教、思想においては結婚してから知らされ驚くことも多いようです。健康状態、趣味嗜好も大切な問題です。

結婚相手の借金の有無や勤務先(自営)の経営状態、日常の行動(素行)確認を興信所にご依頼される方も増えております。

結婚相手を信じる事はとても大切な事です。しかし、自分の将来の幸せを守るために、また、自分の親族に迷惑や悲しい思いをさせない為にも結婚調査をお考えください。冷静な判断が重要視されます。

興信所によって結婚相手の身辺を事前に調べることにより、結婚相手を取り巻く生活環境や遺伝性の病歴、学生時代の評判や近隣からの風評など相手側から提出された釣書や身上書からは伺えないあらゆる情報が得られます。

身元調査・身上調査

対象者の経歴書や釣書に記載された事項の信頼性、また、家庭環境や金銭トラブルの有無、そして資産や生活状況の確認、全ての真実の追究。

興信所で調べた結果が悪い結果とは限りません。益々信用できる事実に確信を持ち、幸せな結婚に踏み切れた方々が、興信所に結婚調査を依頼してよかったと嬉しいお言葉も頂戴しております。

皆さんのお幸せも興信所の大切なエネルギーになっております。

結婚生活において収入の問題は特に重大です。

お金では得られないことも沢山ありますが、収入に偽りはないか?勤務先の業績。夫の将来性。収入が減少する要因はないか?会社での信用度。このような金銭面も重要になります。

愛情が一番ですが、結婚には金銭トラブルに劣る場面もあります。悲しい事実ですが…。

結婚調査の手法とは?

興信所での結婚調査では、対象者に対し尾行、張り込み、対象者周辺の人物への聞き込みなどを行うのが一般的です。さらに最近では、調査対象者のSNSアカウントのチェックなどインターネットから情報収集をし、調査につなげるケースも多いです。

特に尾行や張り込み、聞き込みなどは素人が行うのも難しく、いわば調査員の専売特許ともいえるテクニックです。

尾行や張り込み調査

調査対象者を尾行したり、張り込みをして観察したりすることで、立ち寄った場所・時間などの行動履歴をチェックします。また、第三者と会っていた場合は相手性別や年齢などを記録し、浮気等が確認できる場合は動画や写真を撮影して証拠として残します。

興信所では夜の尾行調査において、暗所撮影用のビデオカメラを導入しておりますので、暗い場所であっても鮮明に撮影が可能です。

対象者が職業や趣味嗜好などで何らかの嘘をついていた場合、この調査によって嘘が暴かれることとなるでしょう。キャバクラやホストクラブ、風俗通いなども明らかになる場合があります。

また結婚調査中に他の異性と会って浮気をしていたり、既婚者で実は妻や子供がいたりするケースもあります。もちろんその事実がないのが一番なのですが、何らかの疑わしい言動があるのであれば調査をしておくほうが安心でしょう。

聞き込み調査

興信所では結婚調査であることを悟られないよう、対象者の自宅周辺に住む住民、立ち寄り先等で聞き込みを行うこともあります。第三者が対象者を見た、または接触したという情報は特に有力であり、場合によっては結婚を考え直すきっかけにもなるでしょう。

ただその反面、対象者に近しい人へ聞き込みをするほど「結婚調査をしている」とバレてしまう可能性も高くなります。特に聞き込みの経験がほとんどない素人が結婚調査をおこなった場合、ほぼ必ずバレてしまうでしょう。

そのため興信所では、対象者や聞き込みをする相手に悟られないように情報を聞き出す工夫を行っています。無論、このテクニックは熟練の経験を持つ調査員でないと得られないものです。

結婚調査では調べるのが難しいこと

結婚調査では社会的差別につながる出生地等の情報や犯罪歴データの照会、個人情報保護法に抵触するおそれのある情報を調べることはできません。また、許可なく盗聴器や盗撮カメラを仕掛けることも罪に問われる可能性があるため、行っておりません。

興信所や探偵事務所の中には、こうした法に触れる調査を行っているところもあるようです。しかし、探偵業法で認められている範囲を超えた調査を行った場合、逆にターゲットから訴えられてしまう恐れもあります。

興信所・探偵に依頼する場合は、法令の範囲内でできる限りの調査を行ってくれるところを選びましょう。

興信所へ結婚調査を依頼するときのポイント

ポイント

興信所へ結婚調査を依頼する場合には、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

興信所に結婚調査をお願いする際のポイントをチェックしておきましょう。

調査料金の見積もりを確認してから検討を

興信所や探偵事務所を利用するうえで重要なのが、結婚調査にかかる費用です。結婚調査内容にもよりますが、興信所に依頼をした場合は尾行や張り込み、証拠撮影、聞き込みやデータ調査などを行います。その際にどれぐらいの費用がかかるのかを必ず確認しておきましょう。

また、提示された料金以外に「曜日による割増料金」「出張のための交通費」「カメラなどの機材料」「結婚調査報告書作成料」などが含まれているかも確認しておくと安心です。

結婚調査の目的や知りたいこと

結婚調査では「何が知りたいのか」を明確にしておくことも重要です。たとえば対象者のみの情報(根陰暦や経歴・借入金・人柄など)を知りたい場合と、対象者の家族・親族も含めて知りたい場合は、当然かかる費用も所要時間も変わってきます。

自分が何を知りたいのかをはっきりさせておけば、余計なお金や時間を浪費せずに済むのです。

結婚調査対象者の情報をできる範囲で調べておく

興信所に結婚調査を依頼する場合、結婚調査対象者の情報をできる範囲で調べておくとよいでしょう。仮に情報が少なかった場合、尾行などの調査に時間がかかるうえ、トータルの依頼費用もかさんでしまうからです。興信所でも、ご依頼者様が提示してくださる情報が多いほど料金が抑えられるシステムとなっております。

ご依頼者様のご報告いただいた情報は、結婚調査時に有効活用させていただきます。また、結婚調査の期間を短縮できる可能性もあるため、お急ぎの場合は可能な限り多くの情報をいただけますと幸いです。ただしどうしても情報が集まらない場合は、興信所の調査員が責任を持って調査いたしますのでご安心ください。

後々に多額の借金を抱え込むようなことがないように、興信所では一般的な項目として本人及び両親・兄弟を含む家族事項の経歴、性格、素行、健康、勤務状態、収入、趣味、交友、嗜好、父母、資産、親族関係などを基本的な結婚調査としております。

興信所へご依頼時、特にご指摘がありましたら深い部分まで幅を広げ、ご納得のいく結果内容を報告書としてお渡しいたします。

どのようなご要望にも対応しております。興信所ではご満足のいく結果をお約束いたします。

職業、サラ金などの金銭問題や資産などの実態掌握(借金問題全般)、日常生活状況の確認(素行・浮気)、婚約中に他の人とも交際しているのではないかなどの不安。

過去の婚姻状況の確認(婚約相手に離婚歴があるが前婚の離婚理由やその子供の実態などの真実)。

結婚調査において、お相手またはそのご家族には興信所が調べているという事実を知られるご心配は全くありません。興信所は信用第一に業務を行っております。興信所に安心してお任せください。

結婚調査報告事例はこちら

詳しくは、お電話やメールでお問い合わせください。