相場

探偵や興信所の実施する調査の適正価格や料金相場は「あってないようなもの」と言えます。

扱う業務の性格なので仕方のないことなのですが、調査に要した時間や人員が当初より増加すれば概算見積もりの範囲内では終わらなくなります。

特に実働調査(浮気調査・素行調査・人探し)にはこの要素が色濃いと言えます。
ご依頼者が想定する日数の範囲内で欲している調査結果が判明すれば「見積もりの範囲内で調査終了」となるのですが、調査の難易度が思いのほか高い案件では想定外の時間や日数・調査人員が必要となってしまうのです。

調査業者とクライアント間のトラブルの多くは上記の認識が浅い状況下で発生しやすいと考えます。
ですので調査・探偵・興信所を必要としたトラブルや問題を抱えてご相談する際には「調査の難易度」を念頭に置いた相談が実施できたか?考慮した上で調査委任契約を結ぶことが望ましいです。

トラブルや悩みで精神的に追い込まれた状況下で探偵や興信所にご相談する際は充分に注意して「解決を急ぐ心情を抑える」自制心が必要です。
この自制心が無い相談のもとに興信所と調査委任契約を交わし、着手した調査が当初から難航するケースは多く存在します。そのようなケースに限って「調査後のトラブルは避けられない」と言えるのです。

興信所の実施する調査の適正価格は「ご依頼者に興信所が調査の難易度を認識して頂くことで大きく左右する」ものなのです。

調査現場で得られる細かな情報が調査の方向性には欠かせない

探偵や興信所が実施する浮気調査や素行調査は現場で調査を実施する人物が得る情報で「調査の行く末を変える」と断言できます。はっきり申し上げて興信所が実施する調査は生ものと一緒と考えられるのです。

現場で興信所が得た情報の優位性は時間と共に変化します。クライアントにとって有意義な情報として扱われる時間は刻一刻変化すると考えられるのです。

特にビジネスの不利益が関わる調査などは色濃くその傾向が表れます。そして、興信所の報告が遅ければ「そんな情報とっくに得ている」とクライアントの機嫌を損ねてしまうものです。

興信所の優劣にも関わるお話しになってしまうのですが、現場で調査を実施する興信所が「多くの情報に気付き対応」出来る人物ならば「調査は安定的にクライアントを満足させる進行状況」の範囲内で実施されていくことでしょう。

しかし、すべての興信所を名乗る人物が「敏感なアンテナを備えている」とは限りませんので「興信所からの中間報告」や「要所での現場で得られた情報の確認」がご依頼者にとってタイムリーであるか?満足のゆくものであるか?確認しながら「興信所の調査力を見極める」ことが重要と考えられるのです。

探偵・興信所はスペシャルな存在では…

探偵を利用したいと考えている方にとっての「探偵像」はスペシャルな存在を想像している方が少なくありません。

どのようにスペシャルなのかご説明しますと「フィクションの探偵像をそのまま現実の興信所業務に可能」とお考えの人物が少なくないのです。

ここで、優良とは言えない興信所が相手だったならば不可能な探偵業務を「おまかせください!ご依頼内容は調査可能です」と引き受けてしまい後にトラブルとなります。

善良な興信所ならばこのような対応となるでしょう。
「ご相談の調査は難易度が高く、現実の興信所が実施する調査範囲を超える調査になる可能性が高いと思われます。ご希望に沿える調査結果が得られる可能性は高く無いでしょう。」

フィクションの興信所ならば法律の範囲を超えた調査を実施し、スペシャルな存在としてスマートにクライアントのもとに調査報告を届けることでしょう。

現実の興信所はどちらかといえば「ウサギと亀」で表現するならば「亀に近い」と言えるのです。

現場で地道に根気よく調査を重ね、細かな情報から調査の指針を効率よく判断し確実に「ご依頼者に有意義な情報を届ける」業務を実施することがリアル探偵像と言えるのです。

ですから先にも記した通りなのですが「探偵に過度の期待や思い込みは禁物」であり、人間社会に存在する「ひとつの業種」と認識していただきたいです。

トップページに戻る