HOME> コラム> 興信所の調査について> 興信所の調査は違法になるか

興信所の調査は違法?

興信所に依頼する人が増加中

現在、テレビなどで探偵や興信所が調査を行っているところを目にすることも多くなりました。

浮気やストーカー、家出人調査など興信所が依頼を受けて行う調査は様々あります。

近年、不倫をしている人が増えていることから、興信所に浮気調査を依頼する方も少なくありません。

パートナーが浮気していると疑っていても家族や仲の良い友人に相談することを躊躇してしまうという方もいるでしょう。

しかし、ただパートナーを疑い、一人で悶々と悩んでいても悩みを解決することはできません。

興信所に浮気調査を依頼するとスムーズに浮気の証拠を掴むことができ、依頼者は有利な情報を得ることができます。

興信所の調査の違法性が心配

興信所に調査を依頼したいと思っていても法に触れてしまうことや罪に問われてしまうのではないかといった不安があるという方も多いかもしれませんが、全うに行っていれば違法性はないので安心して依頼することができます。

探偵が浮気調査を行う場合、張り込みや尾行などにより調査を進めていきますが、調査のルールに従って遂行していく限り法に触れてしまうことはありません。

しかしながら探偵の中には調査のルールを守らず間違った方法で調査を行っている人もいます。

ルールを守らずに調査を行ってしまうと、もちろん違法になり罪に問われますので、依頼する側も知らず知らずのうちにトラブルに巻き込まれてしまうことがないようにお気を付けください。

違法にならない興信所を選ぶ方法

安心して探偵に調査を依頼したいなら、本当に信用できる興信所であるかをご依頼者自身が見極めなければいけません。

ご自身でパートナーの浮気の証拠を掴んでやるなどとお考えの方も多くいますが、個人で行う浮気調査はしっかりと浮気の証拠を掴むことができないだけでなく、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

失敗することなくパートナーの浮気の証拠を掴むためには、プロの力に頼ることをお考えください。

ご依頼者が注意しなければいけないのは、違法性のない興信所を探すことです。

興信所に依頼する際には、まず利用する事務所が公安委員会に開業届出を提出しているかを確認してみましょう。

公安委員会などきちんとした行政から認可を受けている興信所は一つの目安となります。利用する興信所が公安委員会に届出を出しているかを確認する方法は簡単です。

興信所のホームページには、届出番号が記載されています。ホームページで届出番号を確認できない場合には、電話でご確認されることが重要です。

どんなときに違法になってしまうのか?

浮気調査における違法行為はプライバシーの侵害や器物損壊、不法侵入などを行った際に問われます。

たとえば勝手に郵便物の手紙の内容を見てしまうことはプライバシーの侵害にあたるでしょう。

さらに浮気の証拠を掴むために写真や動画を撮影するために勝手に他人の敷地内に侵入することや部屋に盗聴器を取り付けること、車にGPS発信器を取り付けてしまうことなども違法です。

いくら興信所であっても過剰に調査を行ってしまい、他人のプライバシーを侵害してしまっては違法になり罪に問われてしまうので注意しなければいけません。

ご依頼者は、違法行為や犯罪行為をしない、適切な方法で調査を進める探偵を探すことが大切です。

調査依頼の流れ
お電話での相談
自分の調べたい内容にマッチしているか判断します。
調査にかかる費用について、電話やメールで確認しましょう。

お電話: 0120-08-1119
面談でのご相談
実際にお会いして、詳しい見積もり、調査方法を確認しましょう。
>>調査料金はこちら
調査のお申込み
調査契約書・申込書を確認しましょう。続いて調査の為に必要な事前情報、調査方法に関する詳しい打ち合わせをおこないます。
調査開始
調査員の人数の確定をし、方法をご説明し、調査を開始いたします。